周囲に、「ニオイがひどい人」がいます・・・

09加齢臭はなかなか本人には気づきにくいものなので、周りの人が言ってあげるのが良いのですが、なかなか言えない場合、どうすれば良いでしょう。

父親や夫の場合、入浴のとき、加齢臭のための石鹸を渡すなど、さりげない形で伝えるようにすることです。

 

なぜ?と聞かれれば、このときに、少し体が臭うのでとあっさり言ってあげれば良いでしょう。

多少は傷つくかもしれませんが、このように気を使ってくれているのだとわかれば、やはり嬉しいものです。

 

加齢臭がすることがなかなか言えない場合でも、やはり誰かが言ってあげなければ、本人が恥をかくことになるのです。

できれば、一緒にお風呂に入り、背中の他、首の後ろや耳の後ろもきちんと洗ってあげると、本人も喜ぶでしょう。

 

会社で、上司や近くにいる人の加齢臭がひどい場合、やはりなかなか言えないものです。

本人に直接言わず、別の上司に相談して注意してもらう、という方法もありますが、できるだけ直接言うのは避けたほうが良いでしょう。

 

例えば、会社の朝礼などで、「誰かとは言えないのですが、中には体の臭いが気になる人もいますが、会社の中だけでなく、取引先にも迷惑をかけることになりかねないので、一度、皆さん、身だしなみと同時に、少しばかり体の臭いにも気を配ってみてください」というようにスピーチしてもらいます。

これだと、本人を傷つけませんし、これを機会に社員全員が気を配るようになり、社内のリフレッシュにもつながります

 

やってはいけないことは、「自分だけがひたむきに我慢をする」ということです。

どんなに苦しんでも、相手が気が付いてないことが多いです。

ですから、何らかの方法でしっかりと伝えることを意識しなければなりませんし、その方が相手のためにもなります

 

加齢臭をひどくしている人とは?

 

加齢臭がひどい人というのは、何げない生活習慣がそうしてしまっている可能性が大です。

常に発している状況であれば、それに慣れてしまい、気がつかなくなってしまうのも無理がないともいえます。

ひどい加齢臭なのに、まったく気にしないで…もしくは気がつかないで何も対策をおこなっていないのは、ある意味マナー違反です。

周囲の人への配慮からも、ニオイを軽減できるようになんらかの対策はおこなうようにしなければいけません。

では、加齢臭がひどい人というのは、何が原因となっているのでしょうか?

 

まず、真っ先に言えるのが加齢です。そして次に挙げられるのがストレスです。

加齢はどうしようもないにしても、ストレスはなんとか変えていくことはできますので、まずはこのストレスを軽減させるようにしていかなくてはいけません。

 

このストレスはどこからきているのかというと、一番身近な生活習慣からとなっています。

1日が仕事で終わってしまう、食事の時間が不規則、外食やお弁当といった食事が多い、タバコをよく吸う、デスクワークが中心でほとんど座りっぱなし・・・といった状態がストレスを増長させているのです。

これは加齢臭をひどくするだけでなく、メタボリックシンドロームといった状況まで引き起こすことになりかねないといえるもの。

健康面からも改善していくようにしなければいけないのです。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。