いくつから、ニオイが発生しますか?

10加齢臭はいくつから発生するのかといえば、一般的に、皮脂の分泌の関係から、男性では40歳くらいから、女性の場合50歳くらいから発生しはじめるといわれています。

 

最近の資生堂の研究によると、加齢臭の原因となるノネナールの分泌は、40代から急激に増える傾向がある、というリサーチ結果が出されています。

つまり、加齢臭が発生する可能性が高いのはいくつからといえば、やはり40代からになるみたいです。

 

これは、活性酸素を除去しにくい体質になりやすいこともあるようですが、これ以外にも、やはり40代から急速に仕事などでのストレスがたまりやすくなり、運動不足にもなりがちなことが原因のようです。

 

ただ、いくつから、というのはあくまで目安であり、若いうちでも、食生活の習慣などにより、過酸化脂質や脂肪酸の量が増えれば、20代からでも発生することがあるようです。

若いうちからも、食生活が乱れがちで、ストレスがたまりやすい生活をしていれば、加齢臭が発生する可能性があるわけで、やはり早いうちから食生活に気をつける必要があるのです。

 

加齢臭が発生する時期は個人差もあるので、いくつから、と特定はできませんが、40代後半が平均で、これが次第に30代後半からと、少しばかり早まる傾向にあるようです。

ファーストフードやインスタント食品、外食などの食生活が中心となりがちな現代社会では、今後比較的に若い世代から加齢臭を気にし始める人が増えるかもしれません。

 

今の時代は食習慣が欧米化していますから、その分加齢臭が発生しやすい傾向にあると言えます。

「加齢臭の発生は40歳くらいから・・・だから自分は大丈夫だろう!」と油断していると、知らない間に加齢臭が出ていたというリスクもありますから、生活習慣が乱れている方は、早めに加齢臭対策をされた方が無難であると言えます。

 

加齢臭は遺伝するのか?

 

親子は顔が似ていますが、それは遺伝子によるもの。

姿かたちだけでなく性格、さらには薄毛やかかりやすい病気や体の弱いところなど、いろんな部分で遺伝子によって「似ている」ところがあります。

特に病気などの面では、両親がいくつになった時にこんな大病をした!?なんてことがあれば、それを参考に自分もいくつになったら気をつけなくてはいけないといった事を意識するようになります。

 

では、加齢臭は遺伝するのでしょうか?

両親がいくつで加齢臭がするようになったかで、自分がどの年代で加齢臭がでてくるようになるのかわかるのでしょうか?

 

その答えは、まだなんとも言えないものとなっています。

ワキガは高い確率で遺伝すると言われているのですが、加齢臭に関してはまだ研究段階であり、はっきりと遺伝するかどうかはわかっていないのです。

ただし、加齢臭のひどい両親と一緒に暮らしていると、同じように悩んでしまう可能性が高い・・・といえます。

 

なぜなら、加齢臭がひどくなるのには、生活習慣が関係しているからです。

同じような生活をしていれば、おのずと発生しやすくなってしまうということなんですね。

ですから、もし両親から感じられたら・・・自分も同じような年齢、あるいはもっと早くに出てくる可能性が高いといえます。

その場合、早めになんらかの対策をとるようにしなければいけません。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。