加齢臭を抑える、効果的な方法はありますか?

01加齢臭を抑えるには、まずは、体の清潔を保ち、過度の飲酒・タバコを控える、こまめに運動をする、ストレスをためないなど、体の中から改善することが大事です。

これと並行して、加齢臭を抑えるためのサプリメントなどを摂取するのも良いでしょう。

体の中から改善すると同時に、布団、衣類などもこまめに洗うようにします。

 

また最近は、加齢臭を抑えるのに効果的な方法として、耳のリンパマッサージが注目されています。

やり方は簡単で、耳たぶを上下に引っ張るだけでよく、これによりリンパ腺を刺激することで、リンパに滞っていた血液の流れが良くなり、耳裏の汗腺が活発に働くようになって、サラサラのきれいな汗をかき、ノネナールが発生しにくくなって加齢臭を抑える効果が出ます。

 

首の両側や鎖骨のくぼみ、わきの下にもリンパ節があります。

こうした箇所を刺激するのも効果があります。

あまり力をいれずに優しくマッサージするのがポイントです。

 

加齢臭は決して悪い臭いとはいえないかもしれませんし、大人の臭いとも言われて、好感を持つ女性もいるようです。

むしろ加齢臭そのものではなく、道につばを吐いたり、食事の後に爪楊枝で歯を盛んにせせる、服装がだらしない、他愛のないオヤジギャグを言う、などのオジン臭いしぐさが嫌われることもあるのです。

 

加齢臭を根本的に抑えるには、むしろ日常の自分の行動を反省し、態度・振る舞いを改めるだけでも、好感を持たれ、体の臭いも気にならないようになるかもしれないのです。

 

今の時代では加齢臭のメカニズムが研究され、その原因となるノネナールをピンポイントでブロックすることができるようになってきています。

その原因である「酸化」に対してしっかりとした対策を施すことができれば、ニオイを根本から消すことも夢ではありません。

あわてることなく、自分にあった加齢臭対策グッズを根気強く探していきましょう!

 

食品添加物や農薬が招く加齢臭

 

加齢臭を抑える方法はいろいろとありますが、やはり普段の食事も大きく関係しています。

何を食べているかで加齢臭が発生するのが抑えることができるのですから、まずは食事からニオイを抑えるように気をつけるといいでしょう。

 

まず、加工食品に必ずと言っていいほど含まれている食品添加物。

食品添加物にはさまざまな種類があり、誰もが知っているものと言えば保存料や着色料といったものがあげられます。

これらは食品を長持ちさせたり、美味しく見せる為に使われています。

ですが、あまり食品添加物を摂取しすぎると、体を酸化させてニオイを発生させてしまうというのですから、なるべくなら加工食品は避けるようにしたいもの。

 

また、殺虫剤や殺鼠剤、除草剤などの農薬がたっぷり使われた食材を毎日口にすることで、酸化を引き起こしニオイを発生させると言われています。

農薬は作物を育てるのに必要ではありますが、あまり多く使うのも問題なのです。

 

加齢臭を抑えるには、体が酸化するのを抑える必要があります。

食品添加物や農薬がたっぷりと使われている作物は、体を酸化させるだけでなく病気を引き起こす事にもなります。

信頼できるお店で買うようにし、加工食品ばかりに頼らないようにするのが加齢臭を予防する方法となるのです。

無農薬野菜の販売も増えていますので、そうした作物を積極的に選ぶようにしたいですね。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。