ニオイを抑えるために、水分を控えるべきですか?

04加齢臭は汗の臭いも関わってきます。

では、できるだけ汗をかかないほうがよいのでは?と思いますね。

そのためには、水分を取りすぎないほうが良いとも思いますが、どうなのでしょうか?

 

ストレスがたまりがちで、不快なときにかく汗は、油分が多い質の悪い汗で、こうした汗が加齢臭の原因となります。

ただ、こうした心因性の汗というものは、ただ水分を控えるだけでは抑えられないものなのです。

むしろ、気分をリラックスさせ、ストレスをためないことが第一です。

 

逆に、スポーツ飲料など、ミネラルや塩分を多く含んだものを飲むことで、血液中の塩分濃度が高くなり、悪い汗が減ることにもなります。

加齢臭を防ぐには、むしろ水分を積極的に多く摂り、スポーツなどで良い汗を流すことが、体の新陳代謝を高め、デトックス効果になるのです。

こまめにサウナに入り、汗を流すのも良いことです。

 

ただ、喉が渇いても、あまり一度に水を飲みすぎるとお腹をこわすこともあるので、ミネラルウォーターをコップ1杯くらい飲むのが良いでしょう。

夜寝ている間も結構汗をかくので、寝る前に軽く水分補給を行い、朝起きたら軽くシャワーを浴びて汗を洗い流すようにします。

 

寝る前は緑茶やコーヒーはカフェインが含まれているので、夜にトイレに行きたくなり、かえって水分を排出してしまいます。

このため、ミネラルウォーターを飲むのが良いでしょう。

 

水分の補給以外に、化粧水などで肌に潤いを与えることも加齢臭の予防になります。

化粧水は、自分にあった、肌に優しいものを使用します。

 

以上、加齢臭と水分との関連性になります。

「水分を取る」→「汗が出てくる」→「加齢臭の発生につながる」

という考えは大きな間違いですから、その点を知っておくことは大切だと思います。

 

水素水は加齢臭を抑える水分?

 

加齢臭を予防する水分として、水素水が注目されています。

加齢臭などの体臭は、体が酸化することで発生させるといわれています。

水素水は抗酸化力が強いので、加齢臭などの体臭に対して効果が期待できるといわれているのです。

一体、この水分はどういったメカニズムとなっているのでしょうか?

 

皮膚の表面にある皮脂などが活性酸素によって酸化されることで過酸化脂質といった物質になりますが、これは皮脂腺で他の化合物と結びついて再び酸化したり、細菌によって分解されることで加齢臭などの体臭が発生するものとなっています。

水素はこうした酸化する事で発生するニオイに対して強い力を発揮します。

水素は抗酸化作用をもつ物質の中でも、「原子最小の元素」といわれています。

体内への浸透力も高く効率も良いものとなっているからこそ、水分として摂取することで加齢臭などの体臭に効果的と考えられているのですね。

 

また、加齢臭は皮脂に含まれているパルミトレイン酸が酸化・分解されることで発生するノネナールという物質も原因の一つとなっています。

これも酸化した物質になるので、水素による働きが期待できるといわれています。

 

水素は医学的にも注目されており、水素療法といった専門分野もあるほどです。

気になる人は、一度詳しい医師に相談してみるといいかもしれませんね。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。