加齢臭はタバコも原因となるのですか?

06タバコを吸っていると、子どもから、タバコ臭いと嫌われることがあります。

最近は若い女性でもタバコの臭いを嫌う人が増えているようで、男性と付き合う条件の一つに、タバコを吸わない人をあげる女性も増えているようです。

 

このように、吸う本人はあまり気にならなくても、結構タバコの臭いは嫌がられるものなのかもしれません。

こうした臭いは消臭剤や香水などで一時的に消すこともできますが、加齢臭も、タバコが原因となるのです。

 

煙が肺に入ると、異物と判断して活性酸素により攻撃を行います。

このため体内の活性酸素が増え、加齢臭が発生することになるのです。

また、ニコチンも、活性酸素の一種である過酸化水素を含んでいることから、さらに加齢臭が強くなってしまいます

タバコの臭いと加齢臭が混ざり合うと、さらに不快な臭いとなってしまうわけですね。

ニコチンは体を興奮状態にすることから、悪い汗が出て汗臭くなりやいものです。

また、動脈硬化や心筋梗塞の原因にもなります。

 

さらに、タバコにより、活性酸素が増えることで体を酸化させてしまい、体内での加齢臭の発生の原因に直結します。

また肌のしわ、しみ、かゆみなどの原因となることで、こうした肌荒れも加齢臭の原因となってしまいます。

他にも、喫煙は体のビタミンを破壊し、体が酸化されやすい状態にしてしまいます。

 

ストレスも加齢臭の原因となりますが、ストレスがたまると、つい本数が増えてしまいがちになります。

完全にやめることが難しいとしても、まずはストレスを解消し、吸う本数を減らすように努力してみるべきかもしれませんね。

 

このように、タバコは様々な角度から加齢臭の発生につながっていきます

ですから、できる範囲で本数を減らして頂くことで、大きな変化が期待できることでしょう。

 

タバコは加齢臭以外にも害がある

 

タバコを吸っている人は、吸っていない人以上に加齢臭が強くなると言われています。

ただでさえ中年になると気になる問題なのに、タバコを吸っていることで倍増するなんて困ったもの。

しかも、それだけ一緒に暮らす奥様や子供達、場合によっては孫とすべての人に不快な思いをさせる事になるのです。

 

タバコは加齢臭をひどくするだけでなく、口臭もひどくします

タバコを吸っている人の口臭は、吐きそうになるほど臭い事も少なくありません。

しかも、タバコを吸い続ける事で歯にヤニが付着してしまい、好きな異性に向かってニコリと微笑んでも、歯が黄ばんでいたのでは魅力が半減してしまいます。

ヤニ取り用の歯磨きなども市販されていますが、一度ついたヤニは歯科医による専門の機材を使った治療を受けなければ取り去る事はできないのです。

 

タバコはストレス解消の為に吸っている人も多いものですから、完全に辞めてしまうとなるとストレスがたまり、それが加齢臭を強めてしまう事もあります。

ですから、せめてストレスを溜めないぐらいの最低本数に抑えるように、少しずつ減らしていくようにしたいもの。

最終的には喫煙できるように、別のストレス発散法を見つけるといいですね。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。