簡単にチェックできる方法を知りたいです!

08自分から加齢臭が出ているのかは、なかなかわかりにくいものです。

簡単にできるチェック方法としては、腋の下や耳の後ろ、小鼻の脇など、加齢臭が強く出やすい部分を、指で少し強めに擦りとって、臭いを嗅いでみることです。

 

額、耳の後ろから首の後ろ側にかけ、ティッシュで拭い、臭いを嗅いでみるのも良いでしょう。

青臭いチーズや古本のような臭いが加齢臭で、少し鼻にツンとくるようなら、加齢臭が強いことになります。

 

このほかのチェック方法として、普段使っている枕や、シャツの背中や襟などの臭いを嗅いでみることです。

ただ、脱いだばかりのシャツはわかりにくいので、入浴前に脱ぎ、入浴が終わってから嗅いでみると良いでしょう。

シャツだと、背中の臭いもわかります。

枕が臭う場合、頭や首から加齢臭が出ていることになります。

 

どうしてもよくわからないのなら、最近は臭いのチェッカーもあります。

デジタル式のものだと、より正確に臭いのレベルがわかりますし、簡単なチェック方法でしょう。

思い切って、家族の人に臭うかどうか聞いてみるのも、より確かな方法です。

 

これ以外、日常生活の乱れから加齢臭が出る恐れもあるので、一度、普段の生活をチェックするシートのようなものを作ってみるのも良いでしょう。

・酒、タバコの量が増えていないか。

・野菜をきちんと摂っているか。

・運動不足になっていないか。

・睡眠時間は十分か。

・仕事はうまく行っているか。

など・・・こうしたところをチェックしてみるのも大切なチェック方法です。

 

加齢臭の原因は体の中で、脂肪分が酸化反応を引き起こし、それが「ノネナール」として出てくることであると言われています。

ですから、その状況を作り出すような上記のチェックリストは、加齢臭が発生しているかどうかの目安にはなるかと思います。

 

臭いと生活習慣から加齢臭チェック!

 

加齢臭をチェックする際には、発生しているであろう場所や長い時間において触れている衣類などの臭いをかいでみるのが基本となります。

では、加齢臭とはどんな臭いなのでしょうか?

 

・脂臭い

・青臭い

・腐ったチーズのような臭い

・ろうそくを思わせるような臭い

・カビが生えた古本のような臭い

・バターのような臭い

 

このように、さまざまなたとえで表現されているわけですが、その理由としては加齢臭には個人差があること、そして臭いの発生箇所によって異なるといった事が挙げられます。

また、加齢臭チェックとして、普段の生活習慣も見直してみることも大事。

下に上げる項目に当てはまるほど、加齢臭もしくは加齢臭予備軍となります。

 

・肉類や脂っこい料理が大好きで、野菜はあまり食べない

・お腹いっぱいになるまで食べる

・アルコールやタバコが大好き

・常に便秘がち

・だるさや疲れを感じることが多い

・頭皮に大量のフケが見られる

・徹夜をすることが多く、睡眠不足

・運動不足

・常にエアコンが効いた場所で過ごしている

・ストレスを感じることが多い

・脂性

 

上記のチェック項目がほとんど当たりという人は、自分が思っている以上に加齢臭がひどいかもしれません。

また、今は臭いがなくても、数年後に強烈な臭いを発生させる予備軍かもしれません。

当てはまる項目があれば、改善するように心がけましょう。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。