父のニオイ体質は、遺伝するものですか?

03加齢臭は父の臭いとも言われます。

これは、若者の汗による体臭と違い、40代以上の男性の、独自の臭いに感じられるからのようです。

 

加齢臭は、油の腐ったような臭いと言われ、体の皮脂が酸化した臭いというわけです。

ただし、父の臭いというものは、決して相手に不快感を与えるものではありません

むしろ、女性は自分にない体臭を持った人に好意を寄せるとも言われます。

 

例えば、自殺を考えていた人が、たまたまバスに乗ったとき、横に座っていた老人の加齢臭で自殺をやめた、という話があります。

また、大家族で、おじいちゃんやおばあちゃんと一緒に住んでいると、キレない穏やかな性格になる、とも言われます。

はっきりと科学的根拠はありませんが、加齢臭は人の心を穏やかにするものなのかもしれません

 

こうしてみると、父の臭いというものは、決して悪いものではないのかもしれませんね。

加齢臭は遺伝するといわれますが、確かに親子で似た臭いが出ることは多く、特に男性の場合、親と同じ体臭を発することがあるようです。

でも、それはあまり気にすることはないのです。

 

ただし、遺伝ではなく、父と同じような生活習慣により、父の悪い体臭が自然に自分にも生じることがあります。

父の体臭が気になるのなら、過度の飲酒、喫煙などが原因となっている可能性もあり、知らぬうちに、自分も同じような生活をしているのかもしれません。

 

父の臭いが気になり、自分にもうつるのでは?と心配なら、まずは、自分自身の生活習慣を見直してみることですね。

基本的に家族間で生活習慣が似る傾向にありますから、お父さんの生活習慣を無意識に真似している可能性も否定できません。

そして、それを「遺伝」という形で捉えている方もおられるかと思います。

野菜を中心とした食生活を心掛け、肉類や油ものを極力控えるようにしてください。

加齢臭の原因は酸化反応から発生する「活性酸素」であると分かっているわけですから、これに対してダイレクトに働きかけるような生活習慣を心掛けることが、加齢臭対策の第一歩となります。

 

遺伝子に加齢臭のデータが組み込まれている理由

 

加齢臭が遺伝する・・・これは、「遺伝子に組み込まれている」といった意味でのこと。

あらかじめ遺伝子に加齢臭のデータが組み込まれているなんて、もし加齢臭にひどく悩む親を目の当たりにしていたとしたら、そのショックも計り知れないものとなるのではないでしょうか。

 

加齢臭というのは、大体30歳を過ぎたぐらいから発生するようになります。

この年齢では体の老化が表面化するような時期でもあり、それによってノネナールと呼ばれる物質が増加するようになります。

この物質が、チーズのような独特のニオイをさせるようになるのです。

一緒に暮らす家族からしてみると、特に父親の加齢臭が強く気になるようになり、思春期では嫌悪感を抱きやすくなります。

これは、年齢を重ねた親と子が不適切な関係にならないように、つまりは恋愛感情といった感情をもたないように遺伝子に組み込まれているといった見方がされているのです。

 

また、他にも娘が無意識に父親と同じニオイがするパートナーを選ぶようにするため・・・といった説もあります

ある実験で、父親のニオイがついた衣類と他の衣類を混ぜたて娘に選んでもらったところ、父親のニオイがついた衣類を選ぶ確率がとても高かったそうです。

加齢臭が遺伝子に組み込まれているかもしれないという説には、こんなにも深い理由があるのですね。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。