加齢臭は治療できるのですか?

04加齢臭は病気ではないので、基本的には治療の必要はありません。

ただあまりにひどい場合、何がしかの体のトラブルのサインと考え、病院での治療が必要となることもあるのです。

 

加齢臭は、皮脂の9-ヘキサデセン酸が、活性酸素や過酸化脂質により酸化することで生じるとされています。

動脈硬化も、活性酸素や過酸化脂質によるコレステロールの酸化が原因となります。

このため、加齢臭がひどいのは、動脈硬化にも密接に関わってくると言えます。

加齢臭が気になるのなら、病院で動脈硬化などの生活習慣病を予防するための治療を行うのもよいことでしょう。

 

また、加齢臭はストレスも大きく関わってきます

最近は、加齢臭も含めた体臭の悩みを解消するための科を設けている病院もあります。

こうしたところでカウンセリングを受けてみるのも、ストレスの解消と同時に加齢臭の治療につながります。

 

生まれながらの体質が関わっている場合、なかなか自分では解消できないこともあります。

こうした場合でも、病院では、脱毛や超音波治療、キレーション治療などによる治療があります。

 

脱毛や超音波による方法は、毛や毛穴の周辺を脱毛したり超音波で処置することで清潔な状態を保ち、悪臭が出るのを防ぐ方法で、かなり有効とされています。

キレーション治療は、体内の老廃物や毒素、活性酸素を体外に排出すると同時に、体内の抗酸化作用を高めることで、悪臭を予防します。

 

このように病院での治療も様々な方法がありますが、今の時点では「これが加齢臭に効く!」という画期的なものは無いのが現状です。

体臭専門の病院である五味クリニックという病院もありますが、同病院のホームページでも、加齢臭に関しては「酸化を抑えるような食生活を徹底することが重要であると書かれています。

ですから、画期的な治療を求めることもよいとは思いますが、まずは体の中で起こっている酸化反応をしっかりとブロックすることで、加齢臭が発生しにくい体を作るのがよいかと思います。

  

加齢臭の治療は体質改善がメイン

 

加齢臭に悩む人が増えてきたこともあり、最近では病院での治療なども見られるようになってきました。

その治療は加齢臭を専門的におこなっているところであり、根本的なところ、つまりは体質改善からおこなっていく治療となっています。

 

加齢臭はストレスも大きく影響してきていますから、医者がニオイに関しての悩みを聞くだけでも、加齢臭の緩和になっているところもあるようです。

ニオイが気になるけど治療するほどでもない・・・なんて思っている人は、相談だけでもしてみてはいかがでしょうか?

意外と心がすっきりと軽くなることでニオイが軽減されるかもしれませんよ。

加齢臭というのは、周りからどういった目でみられているか本人にはわかりにくいだけに、敏感になりすぎて神経質になっている人が多いのだそうです。

そのため、軽いレベルのニオイを自らひどくしてしまっている事も多く・・・そうした人たちは、相談だけでも効果が表れるようです。

 

とはいえ、中には本当にひどい加齢臭に悩んでいる人もいます。

そうした人は相談したぐらいでは改善されません。

程度にもよりますが、体質改善ぐらいではどうにもならない人は、レーザー治療などをおこなっていくことになります。

このレーザー治療をおこなうには費用がかかることはもちろん、リスクもあることを理解することが必要となります。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。