加齢臭は、どんな成分なのですか?

05加齢臭の成分としては、2000年に、資生堂の研究所により不飽和アルデヒドのノネナール(C9H16O)が原因であることが判明し、加齢臭という名称も資生堂によるものとされています。

 

つまり、成分としては、ノネナールに注目というわけですね。

ノネナールは、毛穴にある皮脂腺から分泌される脂肪酸が酸化したり分解したりして発生する成分と言われています。

 

ノネナールが発生する原因となる成分の一つが、9-ヘキサデセン酸とされます。

この9-ヘキサデセン酸が分解されることでノネナールが生成され、蝋燭、チーズ、古本のような臭いが発生し、これが加齢臭というわけです

 

それなら、若い人でも加齢臭を発生させる成分が生じるのでは?と思うかもしれませんね。

若いうちは、体内で分泌された脂肪酸を酸化させないホルモンの働きが活発なことから、ノネナールは生じにくいのです。

ところが、年齢とともにホルモンの働きが退化し、40歳前後からはノネナールが増加していくのです。

 

そこで、加齢臭を防ぐための成分を含んだ食べ物を多く食べたり、加齢臭に効果のある成分を含んだ石鹸を使うことが、予防につながります。

石鹸は、柿渋、茶、ミョウバンを含んだ石鹸が加齢臭予防に効果があるようです。

 

食べ物で効果のある成分としては、ビタミンE、Cを多く含んだ食べ物ということになります。

かぼちゃ、アボカド、玄米、うなぎ、まぐろ、ホタテ、さば、キウイ、イチゴ、レモン、ミカン、ピーマン、ほうれん草等があります。

 

石鹸を用いて対策することと併せて、ここでご紹介したような栄養素を積極的に摂ることが大切です。

皮脂の表面のニオイは石鹸で消せますが、どうしても体の中からニオイがにじみ出てきてしまいます。

酸化をブロックするような栄養素や、サプリメントをうまく活用し、根本的に加齢臭を抑えることが非常に重要です。

 

加齢臭に有効なのは、抗酸化力が強い成分

 

加齢臭は年齢が上がるほど強くなるといわれています。

一種の老化現象ともなっているだけに、その予防にはアンチエイジング的なものがいいのでは…と言われています。

それにピッタリな成分として注目されているのが、アスタキサンチンです。

アスタキサンチンは老化予防に最適な抗酸化力が高い成分なのです。

 

老化現象といったものは、体内が酸化していくことでおこります。

この酸化をもたらす原因となっているのが活性酵素です。

人は酸素を体内に取りいれて呼吸を、そしてエネルギーを作り出していますが、その取りいれたうちの数%が酸化作用のある活性酸素に変化。

活性酸素はウイルスといった害のあるものから体を守るといった重要な役割を持っています。

ですが、それがあまりにも大量に増えてしまうと、今度は逆に健康な細胞などを攻撃するようになってしまうのです。

それが老化現象にもつながっているのです。

 

加齢臭も活性酸素と深い関係があります。

原因物質であるノネナールは、皮脂が酸化してできた過酸化脂質が、皮脂の中にはある9-ヘキサデセン酸が酸化・分解して生成するのです。

加齢臭が年齢と共に深刻化していくのには、そういった繋がりがあるから。

だからこそ、活性酸素に有効な成分であるアスタキサンチンが加齢臭予防に注目されているのですね。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。