どんな仕組みで、ニオイが発生しますか?

06加齢臭は、ノネナールという物質の臭いが原因とされています。

そこで、このノネナールが発生する仕組みを考えてみましょう。

皮膚の皮脂腺から分泌される成分に脂肪酸があり、これは皮膚に潤いを与える役割がありますが、この脂肪酸が酸化することでノネナールに変化します。

 

ただ、若いうちはあまり臭わないものなのですが、加齢に伴い、コレステロールなどの老廃物が血管にたまりやすくなり、これが酸化・分解することで様々な脂肪酸となり、これにより、ノネナールが増加するのです。

加齢臭が特に40歳以降に強くなるのは、こうした仕組みなわけです。

 

また、汗の臭いは汗腺から出る汗の臭いですが、加齢臭は皮脂腺からにじみ出てくるもので、汗の臭いとは発生の箇所が異なります。

 

加齢臭は、過酸化脂質の脂肪酸が酸化する事で発生し、加齢に伴い体の抗酸化力が弱まることで臭いが強くなると言われています。

これに加え、酒、タバコも臭いを増加させることになります。

 

過度の飲酒、喫煙は、ビタミンCやビタミンEを破壊してしまいます。

さらにストレス、運動不足も加齢臭の原因となります。

加齢臭の仕組みには、日常生活の乱れも大きく関わってくるわけですね。

 

特に高たんぱく、高脂肪の食事が多いと、加齢臭が強く出ることがあります。

こうした仕組みを理解しておけば、高血圧、動脈硬化などの生活習慣病を防ぐことにもつながります

 

過度の飲酒、喫煙、運動不足による影響も大きいので、健全な生活が大事ですが、生活が乱れると、若者でも生じる可能性があるわけです。

生活習慣など少し気をつけるだけでかなり改善されるものです。

 

そして、加齢臭を抑えるためには、その原因となる酸化を抑えることが非常に大切です。

加齢臭の仕組みを知ることは、その対策に直結しますから、できることから取り組んでくださればと思います。

 

加齢臭と体臭の仕組みは違う

 

加齢臭と混同しやすいのが体臭。加齢臭と体臭はその仕組みからして異なりますので、注意しましょう。

両者は違うものとして認識し、それぞれに適した改善方法を取りいれていくようにしましょう。

 

では、間違いやすい体臭の仕組みについてですが、体臭とは小さい物質から発生するニオイです。

ニオイの元となる物質は気体(ガス)として周囲に拡散し、人の鼻の中に入るとそれが感知されます。

つまり、ニオイとして気づくのですね。

空気などはニオイ物質ではありませんの、鼻の中に入ってもニオイを感じることはありません。

このニオイを発生させるのにはいくつかありますが、その主な原料となるのが汗です。

 

汗は基本的には無臭です。熱いお風呂に入った際にも汗をかきますが、これは臭くありませんね。

ニオイがある汗とは、細菌が繁殖している状態のものをいいます。

汗を栄養として摂りこむ細菌が繁殖し、それがニオイを放出しているのです。

このニオイは、細菌の種類によって異なるものとなります。

それが、ワキガや足臭といったニオイの違いを生み出しているのです。

 

このように、体臭とは汗を栄養とする細菌によって生み出されるものであり、加齢臭はノネナールといった物質が体内で増加することで生み出されています

加齢臭と体臭はこのように発生する仕組みが微妙に異なるのです。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。