酵素の不足で発生するという噂は、本当ですか?

08加齢とともに加齢臭が出るのは、酵素の不足が原因といわれています。

酵素は体内の代謝機能をつかさどるのに大切なものですが、年齢とともに不足することで代謝機能が衰え、加齢臭が出ることになるのです。

酵素がうまく活躍することにより、体の中の活性酸素が取り除かれ、酸化をブロックすることができます。

逆に、酵素が足りないことで、酸化が進み、それが加齢臭に直結するわけです。

 

この対策としては、「酵素を補ってあげる」ということが考えられます。

酵素を補うには、食べ物としては、生野菜のほか、お刺身、大根おろし、生姜などに多く含まれています。

また、ぬか漬け、納豆などの発酵食品を食べるのも良いことです。

 

ただ、生野菜を一度に多量に食べるわけには行きませんし、発酵食品についても同じです。

このため、できるだけ毎日少しずつでも食べるようにして習慣づけることが大切です。

これに加えて、ドリンクやサプリメントで補うのも良いでしょう。

 

このほか、加齢臭を防ぐには、食べ物による酵素の供給のほか、酵素風呂も効果的で、体内酵素を補うことができるだけでなく、血行が良くなり、体内の老廃物が排出されやすくなります

しばらく続けると、加齢臭だけでなく足の臭いやワキガ、口臭も出にくくなります

 

加齢臭の原因となる成分のノネナールは、脂肪酸が活性酵素により酸化するとされています。
このため、活性酵素が増えてしまうのはよくありません。
そのためには、ストレスをためず、健全な食生活を送るのも大事となるのです。

 

最近、世界的に日本食が注目されているようですが、かつての日本人は、加齢臭があまり出なかったといわれています。

やはり、魚中心の日本食を見直すべきなのですね。

また、過度の飲酒は避け、肝臓を休ませる日も作ることです。

 

加齢臭予防に酵素風呂

 

加齢臭予防に酵素が含まれる食品を積極的に食べるだけでなく、普段の生活にも酵素を取りいれることができます。

それはお風呂です。

 

酵素風呂は、粉末状のヒノキなどのおがくずを敷き詰めたお風呂が有名。

砂風呂に似たもので、軽いので圧迫感も少ないものとなっています。

数分入っているだけで汗がじんわりと出てきて、酵素の発酵だけでポカポカ温まることができます。

ヒノキの香りで癒されることからも、精神を安定される森林浴効果が期待できるとして注目されています。

ただし、その独特のニオイには好き嫌いが分かれるかもしれません。

シャワーで流すことでニオイは消えますので、残ることはないようです。

 

酵素の熱は体の奥深くまで無理なく温め、新陳代謝を活性化させます。

体内に蓄積されてしまった老廃物や毒素などをスムーズに排出して血液をきれいにします。

無駄なものが含まれない血液はサラサラで、各細胞にも必要な栄養などを届けやすくなります。

まさに、体質改善にはもってこい。それは加齢臭予防にも最適な働きをみせてくれるのです。

 

最近の入浴剤は種類も多く、おもしろくて珍しいタイプのものも発売されています。

本物のヒノキを集めるのは無理でも、簡単に再現できるアイテムをつかうのもいいですね。

また、お酒を使って簡単に酵素風呂をつくることもできます。

加齢臭予防にとりいれてみてはいかがでしょうか。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。