運動で強くなる、それとも弱くなる?

05適度な運動をすることも、加齢臭を防ぐことになるといわれます。

でも、運動すれば汗をかくし、かえって臭うのでは?と思うかもしれませんね。

加齢臭が出るのは、活性酸素も大きく関わってくるものです。

そこで、運動することで、活性酸素を無くすことができるのです。

 

特に有酸素運動が活性酸素を無くすのに効果的なので、ウォーキングなどが良いといわれています。
これで出る汗は、サラサラした感じの良い汗なので、あまり臭わないものなのです。

 

さらに、運動をすることで体内の皮脂が分解され、体内の皮脂量が少なくなることで、分泌される皮脂の量も少なくなり、これも加齢臭の減少につながります。

 

逆に、運動不足で空調のきいた部屋にばかりいると、強いアルカリ性で雑菌が繁殖しやすい、悪い汗をかきやすくなります

しかも、運動不足になると少し動いただけでも汗をかきやすくなり、こうしたときの汗も悪い汗なのです。

 

ただ、朝の通勤前に多量の汗をかくと、汗が酸化して職場で加齢臭が出てしまうことがあります。

職場に行く前に軽くシャワー を浴びることができるのなら良いのですが、それができない場合、帰宅してから軽く汗をかくなど、少しばかり工夫すると良いでしょう。

 

運動を毎日の生活の中に取り入れることで、体の中からの対策に繋がりますから、ニオイを根本から抑えることが期待できます。

 

ただ、あまり無理をすると身体を痛めるので、無理のない範囲で行うことです。

どうしても時間が取れないのなら、職場でこまめに身体を動かしたり、休日にアウトドアを楽しむなどして、ストレスを解消するのも良いことです。

 

加齢臭予防に向いている運動は?

 

加齢臭対策の為になにか運動をするとしたら、一体どういった運動がおすすめなのでしょうか?

それは、有酸素運動。これは酸素を体内に取り込んでおこないます。

たくさんの酸素を取り入れるということは、体内の活性酸素をほどよく増やします。

有酸素運動としては、ウォーキングや水泳、ヨガなどが代表的なものとなっています。

 

活性酸素は増えすぎると逆効果となってしまいますが、息が切れるほど過激な運動をしない限り、その心配はありません。

また、これまで体を動かす事をしなかった人が急激におこなうと、体内に活性酸素が増えすぎてしまう事になるので、少しずつ自分の体に合わせて無理のない範囲でおこなうようにしましょう。

基本は、体に負荷をかけすぎない事なのです。

ひいては、それが加齢臭予防のポイントにもなります。

 

さらに、有酸素運動は脂肪を燃焼させる…つまりはダイエットにもなります。

脂肪が減ると嫌な汗も減りますので、加齢臭の予防にもなります。

脂肪酸を燃焼させるには、体を動かし始めてから20分後といわれています。

ですから、余裕をもった体制で20分以上は続けるようにしたいですね。

継続しておこなうことで加齢臭への効果も見えてきますので、毎日必ずじゃなくても、定期的におこなうようにしましょう。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。