季節によって変動はありますか?

07加齢臭が出やすい季節としては、やはり汗をかきやすい夏と思われがちですね。

夏の季節は、こまめに入浴したりシャワーで清潔を保つことです。

特に腋の下は、抗菌や消臭効果があるデオドラント製品で洗うのが良いでしょう。

消臭石鹸を使ったり、お湯に少し酢を加えるのも効果があります。

 

ただ、夏は汗線の働きが活発になることから、汗もサラサラした汗で、意外と臭わないものです。
また、他の人も汗くさくなりやすいので、かえって目立たないものなのです。

 

むしろ、注意すべきは冬かもしれません

冬の季節は、夏場よりも冬のほうが、基礎代謝が高くなることから、少し動いただけでも結構汗が出ます。

つまり、意外と冬でも汗をかくものなのです。

特に厚着をしていて、寒い外から暖房の聞いた室内に入ると、結構汗をかくものです。

 

また、冬場はポリエステル等の化学繊維の洋服を着ることが多くなりますが、こうした繊維は汗を吸収しやすく、汗がこもりやすくなります。

このため、衣服からも加齢臭が発生しやすくなる、というわけです。

そこで、冬も衣服をこまめに洗濯し、よく乾燥させたほうが良いでしょう。

 

冬場の加齢臭対策としては、通気性のよい素材の衣服を着るようにして、下着は汗をよく吸収するコットン素材が良いでしょう。

冬場は、あまり身体の不潔感を感じないことから、風呂に入る回数が減ったり、パジャマなどもあまり交換しなくなります。

このため、冬場も洗濯の回数を意識して増やすようにすることです。

加齢臭に気をつける季節としては、夏、冬の季節のピークのとき、というわけですね。

 

どの季節が一番、加齢臭が発生しやすい?

 

季節によって加齢臭の強さも変わってきます。

夏は汗をかきやすいので加齢臭も発生しやすくなりますが、周囲の人も汗を大量にかいていることからも目立ちにくいものとなります。

そして冬は野外と室内の温度差などで汗をかくこともあり、そういった時に加齢臭が目立つものとなります。

では、夏と冬以外の季節・・・春と秋はどうなのでしょうか?

 

暖かくなり始める春は、どの季節よりもニオイが発生しにくいといえます。

過ごしやすくさわやかな季節ですから、体もそれに感化されるように穏やかな状態に。

ただ、加齢臭はストレスに弱いですから、季節の変わり目の特徴には注意が必要

春で言えば「五月病」などになると、逆にニオイが強くなってしまう事もあります

適度なストレス発散を心がけるようにしましょう。

 

そして、秋。実は、秋が一番に気を付けたい季節となっています。

なぜなら、夏が終わって気温が低く寒さを感じるようになると、新陳代謝が低下して汗腺の働きがわるくなってしまいます

この時期の汗というのは、あまり良い汗とはいえず・・・脂肪酸の割合が多い油っぽいものとなっているのです。

しかも、季節の変わり目で身体がストレスを受けやすくなっており、寒いと思って着こんだら暑すぎた、なんて無駄に汗をかいてしまいやすいのです。

そういった意味からも、1年の中でも秋は一番に気をつけるようにしたいですね。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。