アンモニア臭とは、何か違うのですか?

08加齢臭は、よく油が腐ったような臭いがするといわれますが、これ以外、アンモニアのような臭いがすることもあります。

体から出た汗が、ツンと鼻に付くような臭いです。

これも加齢臭の一つなのでしょうか?

 

これは、疲労臭といわれ、加齢臭とは別物とされます。

疲労臭は、身体の疲れにより汗の中にアンモニアが発生し、皮膚表面からガスとして出るものです。

 

アンモニアは、食べたもののタンパク質の分解や、腸内細菌などにより体内で発生し、肝臓で尿素に解毒され、体外に排出されます。

ところが、疲れやストレスで肝機能が低下すると、尿素に解毒できず、血液中のアンモニア量が増え、皮膚から出るようになります。

これにより、体からアンモニアの臭いが発生するわけです。

 

加齢臭の場合、40歳を過ぎてから出るようになりますが、アンモニア臭は、疲労、ストレスなどによる肝機能の低下によって生じるものなので、若い人でも発生します。

特に、最近は働く若い女性で出ることが多いようです。

このため、これを防ぐには、食生活や生活習慣を改善し、肝機能を改善する必要があります。

 

お酒の飲み過ぎや過度な肉食を避け、肝臓への負担を和らげると同時に、納豆、乳酸菌、野菜など、食物繊維や乳酸菌などが多く含まれたなものを食べ、腸内環境を整えることも大切となります。

 

こまめに入浴することも、筋肉の疲労を和らげ、ストレス解消の効果もあります。

デオドラント剤は、アンモニアの臭いを抑える効果がある、酸性のミョウバンを含むものがよいとされます。

 

加齢臭と体臭は、同じように捉えられることも多いですが、実際には全く異なるニオイです。

加齢臭に対しては、酸化を抑える事、通常の体臭に関しては十分なスキンケアを行うことがポイントになってきます。

それぞれの特徴を理解し、しっかりと対策をとることが重要です。

 

アンモニアの別名は疲労臭

 

加齢臭とアンモニア臭は似ているようで異なります。

でも同じ体臭なのは変わりなく、どちらも臭って欲しくないニオイです。

この加齢臭と勘違いされる事も多いアンモニア臭は、別名・疲労臭といった呼び方もされています。

 

このアンモニア臭・・・つまりは疲労臭が発生しやすいのは、体が疲労した場合はもちろん、肝機能が低下している事で発生します。

体の疲労には肉体と精神とありますが、どちらも疲労困憊といった状態になりますと、体内の代謝が低下しやすくなり、それがニオイの発生につながっていくのです。

肥満による脂肪肝やアルコール量が多かったりすると、肝機能が低下してニオイが発生。

また、便が体内にたまってしまう便秘がアンモニアを発生させ、それが血流にのってしまって汗に混じりにおいとなって放出されるなんてことも。

どれにしろ、体からのSOSには違いありません

 

疲労臭を予防するには、疲れをためないことが絶対です。

そのためには、生活リズムを整える事が必要。

規則正しい食事や睡眠時間の確保はもちろんですが、適度なストレス解消、アルコールは飲みすぎない、食物繊維を積極的に摂取して腸内環境を整える、お風呂では湯船に浸かって血流をよくするなど、気をつけるポイントは生活習慣に隠れています。

これらを気をつけることで、加齢臭の予防にもつながっていきますので是非とも実践したいですね。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。