加齢臭の特徴について教えて下さい!

10加齢臭は、40歳以降になると出始めるもので、よく体や衣服から蝋燭・チーズ・古本のような臭いがすると言われるのが特徴かもしれません。

ただ、人によって、臭いの感じ方は様々なようです。

酸っぱい臭い、生乾きの洗濯物の臭い、鼻につく臭い・生臭い、など、特に、どのような臭いとは特定できないみたいです。

 

加齢臭の場合、口臭、体臭、汗の臭いなど、いろいろな臭いが混じりあったもので、青臭さと脂臭さを併せ持つのが特徴のようです。

 

加齢臭は、自分ではなかなか気が付きにくいもので、周りの人からは指摘しづらく、家族などからの指摘ではじめて気が付く場合も多いものです。

娘から嫌がられるようになって気が付くと、結構衝撃を受けるものです。

自分で気がつくようになれば、周りの人々は、とっくに気がついていた、ということになり、これも特徴と同時に怖いところかもしれません。

 

ただ、加齢臭は、女性にとって不快に感じるものと思うかもしれませんが、決してそうでもないのです。

男性の臭いは、女性の中には良い体臭と思う人もいるようです。

年配の男性の体の臭いは気持ちを落ち着かせ、心を穏やかにする、という説もあります。

 

つまり、加齢臭は決して悪いものではない、というのも一つの特徴かもしれません。

ただ、食生活の乱れやストレス、体が不潔なことが原因のものは、やはり人に不快感を与えるものです。

 

普段から健康な生活を心がけ、身だしなみを整えていれば体の臭いを気にする必要はないのですが、臭いがどうしても気になり始めれば、何がしか生活の乱れが生じている可能性もあるので、これを機会に見直してみることです。

 

加齢臭がきつい人の特徴

 

加齢臭がきつい人とそうでない人を比べてみると、両者には驚くほど大きな違いがあることがわかります。

加齢臭がきつくなりやすい人とは、一体どんな特徴を持った人をいうのでしょうか?

 

まず、食事面からその特徴をみることができます。

加齢臭がひどい人は脂っこい食事が好きで、野菜や果物が不足している傾向にあります。

肉や油物は脂肪をたっぷりと含みますので、食べ過ぎることで中性脂肪の血中濃度が増えて皮脂の分泌量も増えてしまいます。

皮脂が酸化・分解されることで加齢臭も強くなるのです。

逆に野菜や果物が不足している状態は、そこに含まれるビタミンCやビタミンEなどの抗酸化性分が不足してしまっていると、皮脂の酸化を押さえる力が弱くなり、加齢臭の発生を許してしまうのです。

 

また、お酒好きなひとも要注意

皮脂を分泌するのを促進するホルモンに、黄体ホルモンといったものがあります。

肝臓はあまった黄体ホルモンを分解する働きがあるのですが、お酒を飲みすぎていると肝臓が疲れてしまい、分解する力が発揮されなくなります

分解されなかった黄体ホルモンによって皮脂分泌量を増加させてしまうのです。

 

そして、タバコやストレスもよくありません

いずれも加齢臭を強くするものばかりなので、これらの特徴がある人は生活習慣を見直し、改善していくようにしなければいけません。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。