普通の体臭とは、何が違うのですか?

03加齢臭は体臭の一つですが、若い人でも、汗臭いなど、体臭が気になる人がいます。

加齢臭の場合、いわゆる“オジン臭い”というもので、自分の体や衣服から蝋燭・チーズ・古本のような臭いがするのなら、加齢臭が出ているということになります。

 

また、“ポマード臭い”、つまり整髪料のにおいも、あまり臭いがきついものは好まれず、加齢臭の一つと言えます。

これ以外にも、頭髪、頭皮からの臭いもあります。

 

加齢臭は、衣服などにもしみつき、なかなか消えにくく、持続性があり、本人が立ち去った後でも残っていることが多いものです。

狭いエレベーター内や室内などに残ると結構嫌われる、というところも、一般的な体臭と違うところでしょう。

 

若い人でも、生まれつきの体質や生活習慣の乱れ、遺伝的要素から、加齢臭が出る可能性があります。

 

これ以外、最近、ライオン株式会社が、30代を過ぎた男性で、自分の体臭が変化したと感じ始める人が増えていることに着目して研究を行いました。

これによると、30代の男性で、使い古した食用油臭に似た独特のアブラっぽいニオイを発することがあり、これが「ペラルゴン酸」という特有な物質によることを明らかにしています。

 

加齢臭は40代以降から生じるものとされていましたが、30代からでも独自の臭いを発するわけです。

最近、若い人でも体臭を気にする人が増えていることから、今後は、30代の人の臭い対策、というものも注目されるかもしれませんね。

 

ただし加齢臭と体臭は別物ですから、それぞれの対策に関してはしっかりと使い分けることが大切です。

加齢臭には酸化を抑えること、体臭にはしっかりとしたスキンケアを徹底することが主な対策となります。

 

加齢臭は体臭の一つ?

 

よく混同されてしまいがちな加齢臭と体臭。

どちらも周りの人からしてみれば、あまり気持ちが良いものではありません。

予防・改善方法を間違えるとなかなかなくなりませんので、できれば加齢臭と体臭は分けて対策を施すようにするといいですね。

 

体臭と言われるニオイは、体から発生するニオイ全般をいいます。

ワキガや足のニオイ、汗臭さ、病気からおこるもの…と、体から発生するニオイをひっくるめたものと言えます。ですから、加齢臭も体臭の一つといえます。

ただし、体臭と呼ばれるニオイの発生原因は、ほとんどが汗によるものです。

汗が皮膚常在菌によって分解される事でニオイが発生しているのです。

この皮膚常在菌にはいくつか種類があり、個々によって異なるので、これから発生するニオイも異なるものとなります。

 

では、加齢臭の原因のなんなのかというと、ノネナールというニオイ物質

皮脂腺から分泌される9-ヘキサデセン酸が過酸化脂質によって分解されて発生します。

個人差がみられることもあり、人によってはまったく加齢臭がしない…なんて事も!

ニオイが強くなりがちな人としては、日常的にタバコを吸う人やお酒を大量に飲む人…などです。

 

加齢臭と体臭に違いはあるものの、共通していることもあります。

どちらも清潔にすることが大事だということです。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。