口臭とは、どんな共通点がありますか?

04口臭は人から嫌われやすいものですが、食生活の乱れなどによる、胃腸からの悪臭は加齢臭の一つと言って良いでしょう。

胃腸からの口臭を防ぐには、肉料理を多く摂り過ぎないようにして、腸内に悪玉菌が発生しにくいようにすることです。

 

胃腸の調子を整えるには、適当な運動で体の新陳代謝を促進させるほか、サプリメントで補うのも良いでしょう。

牛乳やヨーグルトなどの乳製品を多く取ることも、腸内の善玉菌を増やし、腸内をきれいにします。

ストレスがたまると、胃や腸の酵素の働きが悪くなり、腸の機能も悪くなってしまうので、ストレス解消も加齢臭を防ぐのに大事となります。

 

また、胃腸の調子を整え便秘を解消することも大事です。

便秘気味になると、便臭のようなものが発生しますが、これも加齢臭の一つです。

腸内の悪玉菌が増え、悪臭の元となるガスを発生するわけですが、これを防ぐには、繊維質の食べ物を多く摂るようにするなどして、便秘を解消させることです。

 

加齢に伴う歯槽膿漏、歯周病も口臭の原因となります。

加齢臭とともに口臭が気になり始めたら、歯槽膿漏、歯周病などの口内ケアも行うことです。

口臭だけでなく胃痛がある場合は、胃炎や他の内臓疾患の恐れもあるので、病院へ行って診察してもらったほうが良いでしょう。

 

これ以外、鼻づまりで、口で呼吸しがちになると口臭が気になることがあります。

口臭が気になるのなら、意識しないうちに、つい口で呼吸していないか、少し注意してみることです。

 

加齢臭と口臭は原因は異なりますが、身近なケアをしっかりと行うことで、消臭が期待できます。

出来ることから試して頂ければと思います。

 

加齢臭も関係している!?口臭の悩み

 

年齢が上がるに連れて、加齢臭と共に悩むのが口臭です。

この口臭をエイジングノートといった呼び方もしています。

口臭もその場限りではなく、加齢臭と同様に年齢を重ねるにつれて強くなってくることもあるので要注意です。

 

ちなみに、口臭には他臭症自臭症とあります。

前者はそれなりに原因があるのですが、後者に対しては単なる思い込み。

おもしろいことに、他臭症は周囲の人にはニオイが強烈に感じられるのですが、本人にはあまり感じられないものとなっています。

これは、麻痺してしまっているともいえます。

 

口臭が気になるようになると、いつも以上に歯磨きに力が入ります。

ですが、加齢と共に歯は歯周病(歯槽膿漏)を発生させやすくなりますので、それが原因でニオイを発生させてしまっている事も…。

そうなると、どんなに歯を磨いてもあまり効果はなし、それよりも歯の治療をしたほうがピンポイントで解決できます。

 

また、加齢臭と口臭は繋がりがありますので、加齢臭対策が口臭予防になることもあります

なぜなら、腸内などで悪習の元となるニオイが発生してしまうと、それが皮膚だけでなく口からも漂うようになるのですから大変です。

予防にはヨーグルトや納豆、ゴボウ、バナナ、大豆などがおすすめです。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。