食べ物と、どういう関係がありますか?

05加齢臭は、高たんぱく・高脂肪の食べ物を多く摂り過ぎた場合でも、強く出ることがあります。

このため、油っぽいものや肉料理をあまり食べ過ぎないことも加齢臭を防ぐのに大事となります。

 

元来日本人の食べ物は魚、野菜、穀物が中心でした。

こうしたもの抗酸化作用のある物質を多く含んでいます。

また、日本茶に含まれるカテキンも抗酸化作用があります

さらに、漬物もアルカリ性食品であることから、加齢臭の元となる酸化を抑える働きがあります。

梅干や海苔、味噌などもアルカリ性食品です。

やはり、日本食を見直すことが加齢臭の予防になるのですね。

 

加齢臭を防ぐには、抗酸化作用のある食べ物を意識して摂取することです。

ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノール、βカロチン、リコピンなどが抗酸化作用のある栄養素なので、こうしたものを多く含んだ食べ物を摂るようにしましょう。

また、コショウ、ターメリック、カフェインなどの香辛料にも高い抗酸化作用があります。

 

ビタミン、βカロチンは緑黄色野菜に多く含まれ、特にトマトはリコピンが多く含まれています。

ただ、ビタミンは熱に弱いので、生で摂取したほうが良いのですが、生野菜は一度に多量には摂取しにくいので、毎日少しずつ食べるように習慣づけることです。

 

このほか、緑茶などに含まれたカテキン、大豆食品に含まれたイソフラボン、ゴマに含まれたセサミン、ぶどうなどに含まれたアントシアニン

こうしたものは、代表的なポリフェノールの食べ物です。

 

「酸化を抑える」ということをキーワードに食べ物をチョイスすれば、効率的に加齢臭を予防していくことができることでしょう。

 

加齢臭を強くする食べ物

 

人の体は毎日、食べ物でできています。

それはすなわち、加齢臭の程度にも影響を与えているということ。

加齢臭をひどくする食べ物といえば脂質です。

脂質から作られる脂肪酸やアルデビド類が強烈なニオイを作り出しているのです。

脂質には皮膚の健康を保つ働きがあるので、「加齢臭がひどいから脂質は摂取しないようにしよう」なんてことはできませんのでむやみやたらに減らすことはNG。

かえって加齢臭を悪化させてしまいかねませんので、抑えるにしてもほどほどに。

 

また、加齢臭をひどくする食事としては、動物性脂肪の多い食事や植物油を多用した食事が定番となっています。

動物性脂肪がたっぷりの食べ物は、皮脂腺やアポクリン腺を刺激して皮脂の分泌をアップさせます。

わかりやすく言うと、欧米食です。

実は、日本人は昔から加齢臭にはあまり悩まされにくい体質でした。

加齢臭に悩まされるようになったのは、欧米食が日本に広く浸透してきたからなのです。

 

そして、植物油。植物性だから大丈夫なのでは・・・なんてイメージがありますが、植物油にはコレステロールや中性脂肪を大量発生させて、それが酸化することで過酸化脂質になるという厄介なリノール酸が!

同じ植物油でも、オリーブオイルは酸化されにくいオレイン酸が含まれていますので、使うのであればこちらがおすすめです。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。