遺伝する、それともしない?

074611自分の父親が、加齢臭がひどいと、自分の場合も結構気になる、というケースもあるようです。

では、加齢臭は遺伝するのでしょうか?

 

確かに、ホルモン、体内で分泌される物質や、汗の性質が親子で同じ、ということは多いので、親子で似た臭いが出ることは多いため、特に男性の場合、親と同じ体臭を発することがあるようです。

 

まだ、はっきりしたことはわからないものの、わきがの場合、50%の確率で遺伝すると言われています。

このため加齢臭に関しても遺伝する傾向はあるみたいです。

 

このため、父親で加齢臭がひどい場合、自分でも気をつける必要があるみたいです。

逆に、遺伝によるものなら、思春期を過ぎてから体質が変わることで、突然臭いがきつくなったりはしない、ということになります。

 

また、遺伝によるものだけでなく、父親の生活習慣に何らかの問題があり、自分も知らぬうちに父親の悪い生活習慣を真似していることから、より加齢臭がひどくなる、ということもあります。

 

これ以外、親と子供で食事の好みや食習慣がよく似た傾向になることから、子どもの時から脂肪分やコレステロールが多い食事を多く摂りがちになると、体内の脂肪酸が増え、皮脂も増えることになります。

 

このため、加齢臭が気になり始めたら、自分の生活習慣を見直してみることも大事となります。

 

加齢臭の原因が遺伝によるものだからと言っても、生活習慣の改善や日常の心がけなどでも十分に改善できるものなので、あきらめることはないのです。

また、今の時代では加齢臭の原因が「酸化反応」によるものであると分かっていますから、それをしっかりとブロックすることが大切です。

ビタミンC、ビタミンE、すこし高級品ならアスタキサンチンを摂取し、酸化を体の中から抑えていくことが大切です。

 

加齢臭などのニオイからわかる遺伝子レベルの相性

 

加齢臭と遺伝子の関係で、おもしろい話があります。

動物は、相手に対して敵か味方かを判別する方法として、体臭を一つの判断材料にするのだそうです。

身近な例で言えば、犬がお尻にある肛門線のニオイから相手との相性を判断していることが挙げられます。

人は犬ほどニオイに敏感ではありませんが、同じように反応するらしいです。

 

白血球には、HLA遺伝子(ヒト主要組織適合抗原)が含まれていますが、この型は個々によって違います。

受け継ぐ型が違うほど強く惹かれあう性質をもっており、その違いの見分け方が加齢臭といった体臭なのです。いわゆる、フェロモンです。

 

加齢臭などの体から発するニオイは、相手への印象を大きく決めるものとなります。

不快な体臭がない人は、清潔観がある人として好感度を持ちます

逆に近寄るのもはばかれるような体臭を持つ人は、不潔なイメージを持つと共に、気持ち悪いとさえ思ってしまいます

ニオイが持つ力というのは、本当に凄いですね。

また、遺伝子とも深く関係しているのにはびっくりしてしまいます。

 

もし、付き合っている男性の体臭に対して不快感を感じないのであれば、それは遺伝子レベルで相性がいいという事かもしれません。

ですが、シャンプーや香水のニオイで勘違いしないように注意したほうがいいかもしれませんね。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。