消臭に直結する、効果的な体の洗い方とは?

fffccc47217fe5fe261c5bb3ef933fcd_s加齢臭を防ぐには、まず身体の洗い方として、石鹸選びがポイントとなります。

最近は体臭を防ぐ石鹸があり、加齢臭を防ぐ石鹸というものもあります。

加齢臭を抑えるには、脂肪酸でも、特にヘキサデセン酸の分解を抑える抗酸化剤や抗菌剤が、効果があるといわれます。

 

そこで、少しばかり成分にもこだわって石鹸をセレクトしてみると良いでしょう。

また、毛穴に詰まった過酸化脂質も、細菌を増殖させる悪者であるため、過酸化脂質を落とす働きのある石鹸をセレクトするのも一つの方法です。

 

身体の洗い方は、タオルでゴシゴシと身体を洗うのではなく、石鹸を泡立て、手で優しく洗うようにします。

泡立てネットなどの泡立てグッズなどでたっぷり泡立て、耳の後ろや、首回り、胸などを優しく洗います。

 

背中もしっかりと洗いますが、背中に手が届かないなら、タオルを使います。

特にアポクリン腺(汗腺)が集中する腋の下に、抗菌や消臭効果のあるデオドラント製品を使用する洗い方や、お湯に少し酢を加えたり、消臭石鹸を使うのも効果的です。

 

加齢臭は、皮膚を覆う皮脂の一種が原因とされることから、皮脂を取り除くことも大事ですが、皮脂は肌を乾燥から守る働きもあるため、すべての皮脂を取り除くような洗い方ではなく、要は、胸と背中の中心付近から出ている古い皮脂を取り除くことがポイントです。

 

古い皮脂を取り除くには、夜寝ているときに大量の汗と皮脂を排出しているため、朝起きてから、軽く一分ほどシャワーを浴びるだけでも効果的です。

体をしっかり洗っているにも関わらず、それでもニオイが出てくる場合は、外面ケアだけでは不十分なこともあります。

このような場合は、サプリメントを併用したり、日常習慣自体を見直す必要があるかもしれません。

 

加齢臭予防の洗い方は、発生ポイントを中心に

 

効率的に加齢臭を発生させない上手な洗い方としては、ニオイの発生源を重点的に洗う事が一番のポイントとなります。

加齢臭が分泌されやすい体の部位としては、頭皮や額から鼻にかけて、耳の後ろ、首の後ろ、乳首周り、胸と胸の間、わき、背中の中心部分、へそまわり…などです。

特に耳の後ろは要注意!どの部位にも増して加齢臭が発生しやすいところなのです。

しかも、普段、よく洗わないというか、ついつい見過ごしてしまいがちな部分だけに、ニオイが発生しやすくなってしまっているのです。

 

加齢臭が分泌される部分というのは、上記に挙げたところぐらいですから、洗い方としてはこの部位を重点的に洗います。

バイキンによって脂を加齢臭にされてしまう前に、しっかりと洗う事で、加齢臭も抑えられるものとなるでしょう。

 

加齢臭を予防するための石鹸はいろいろと販売されていますが、とりわけ有名なのが渋柿です。

渋柿に含まれている柿タンニンが、悪臭成分をニオイのない物質に変えてくれるといわれています。

また、アンモニアといった、アルカリを中和する効果や殺菌作用も持ち合わせているので、加齢臭対策にはピッタリ!

渋柿の他にも、ミョウバンも有名ですね。

ミョウバンには消臭作用がありますし、汗を抑えてくれる作用もあります。

ですから、石鹸選びの際には、渋柿とミョウバンに注目して選んでみるのもおすすめの洗い方です。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。