アンチエイジングでニオイは消えますか?

08「アンチエイジング」という言葉は最近よく聞きますが、アンチエイジングを行うと加齢臭は改善するのでしょうか?

「加齢臭」という単語を文字通り解釈すると、「年齢により発生するニオイ」ということですから、アンチエイジングにより加齢臭が改善してもおかしくはありません。

そこで、このページでは、「加齢臭とアンチエイジング」ということについてご紹介させて頂きます。

 

アンチエイジングで加齢臭を予防するという考えの根拠

加齢臭と呼ばれるイヤな臭いの原因であるノネナールが発生させるのは、皮脂腺から分泌される脂肪酸が酸化するからです。

そもそもなぜ脂肪酸は酸化するか、それは誰もが避けて通れない老化現象の一つだからです。

それなら、老化しないように心掛ければ加齢臭の発生を防ぐ上で役立つわけです。

この考え方が、アンチエイジング対策で加齢臭を防ごうという考えの元になっています。

 

現在認められている効果的なアンチエイジングの方法は?

◇強力な抗酸化物質を摂る

抗酸化物質を含む食品には、カテキンを含む緑、リコピンを含むトマト、鮭に含まれるアスタキサンチンなどがあります。

ビタミンCは、活性酸素の力を弱める優れた抗酸化物質で、グレープフルーツやレモンなどのかんきつ類に多く含まれています。

 

◇添加物を含まない食品を選ぶ

食品に含まれる添加物は、活性酸素発生の原因となって体の老化を早めます。

 

◇適度な運動をする

軽い有酸素運動は、新陳代謝を活発にして摂取カロリーを効率的にエネルギーに変換できる体質作りに役立ちます。

代謝が衰えると、体内で毒素が溜まって老化が進むので、週に数回は軽い運動を数十分行う習慣を身に付けましょう。

 

◇ストレスを発散して貯め込まないようにする

ストレスを受けるとストレスホルモンが体内に発生しますが、ストレスホルモンが分解される時に活性酸素が大量に発生します。ストレスを受けても溜めこないような工夫が必要です。

ただし、アルコールの大量摂取は、酵素を大量に消費して老化を早める原因となるので避けましょう。

 

◇上質な睡眠を取る工夫をする

メラトニンは脈拍や血圧を下げて熟睡に導くホルモンです。

メラトニンの分泌を促して質の良い睡眠が取れるように寝室や寝具を整えることで、ストレスを溜めこまずに元気が回復します。

 

このように、アンチエイジングの方法をいくつかご紹介させて頂きましたが、「酸化を抑える」というのが1つの大きな要素になっているのは確かです。

加齢臭の原因は、体の中で酸化反応が起こることで発生する「ノネナール」という物質ですから、アンチエイジングで酸化を抑えることが、加齢臭の抑制につながると言えるでしょう。

  

加齢臭とアンチエイジングの深い関係

 

年齢が上がるに連れて加齢臭が気になるようになりますが、これは老化現象の一つでもあります。

老化現象は誰にも止めることはできませんが、アンチエイジングといった方法で遅らせることはできます。

最近では、抗加齢医学と呼ばれるような、新しい学問分野になっているほど。

アンチエイジングは、今では医学用語として扱われているのです。

 

アンチエイジングが医学でも注目されはじめたのは、研究などから加齢により体内で進行する老化現象のプロセスが解明されてきたからです。

アンチエイジングも加齢臭予防も、生活習慣の改善は必須となっています。

例えば、なにかと忙しい現代人は睡眠不足になりがちですが、これが体の老化スピードを上げています。

ひいては加齢臭もでやすいものに・・・。ですから、両方の面からも十分な睡眠は必要不可欠です。

質の良い睡眠が取れたときには、メラトニンや成長ホルモンが分泌されます。

これらのホルモンは抗酸化力をアップさせて、皮膚の再生にもプラスのものとなっていきます。

アンチエイジングにも加齢臭予防にも、必要不可欠なものです。

                    

また、ビタミンもアンチエイジングと加齢臭予防には欠かせないものとなっています。

ビタミンの中でも、強い抗酸化作用のあるビタミンCやE、そしてカロチンです。

これらの成分は酸化しやすく熱に弱いので、熱を加えないドレッシングオイルなどで摂取するのがおすすめです。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。