男性ホルモンと加齢臭は、関係ありますか?

129177加齢臭は男性だけに発生するニオイなのですが、男性ホルモンとは関係があるのでしょうか?

このページでは、そのあたりに関して検証してみたいと思います。

 

皮脂腺から分泌される脂肪酸が加齢と共に酸化してイヤな臭いを発生するようになるのが加齢臭です。

大量の脂肪酸が皮脂腺から分泌されれば、それだけ加齢臭がキツくなります。

皮脂腺の活動を活発にするのが男性ホルモンです。

思春期になると顔の肌が脂っこくなってニキビができやすくなるのは、男性ホルモンの分泌が増えて皮脂の量が増えるのが原因です。

男性ホルモンの量は30代頃から次第に減り始めますが、体質によって分泌量が大きく異なるので、40代や50代になっても男性ホルモンの分泌が衰えずに皮脂の分泌が多い人もいます。

男性ホルモンの分泌が活発な人は、エネルギッシュで闘争心があるので仕事で成功するタイプの人は男性ホルモンが多いと言われています。

しかし、男性ホルモンの分泌が活発だと、皮脂が多く加齢臭の原因物質もそれだけ多く発生する恐れがあるので、より念入りな加齢臭対策が欠かせません。

 

皮脂の分泌が盛んな人は、肌を清潔にすることを加齢臭対策に加える

皮脂腺から加齢臭の元となる物質が分泌されて肌の表面にいる雑菌と一緒になると、雑菌が放つ悪臭で一層加齢臭が強くなります。

皮脂の分泌が盛んな人は、シャワーだけでなく浴槽に湯を張って浸かり、皮脂腺が発達している上半身を丁寧に洗いましょう。背中や耳の後ろは、特に皮脂腺が発達しています。

入浴後は清潔な下着に着替えて雑菌を寄せ付けない環境を整えましょう。

加齢臭の原因物質は、日中も少しずつ分泌されています。

会社にでかけたら、昼休みや休み時間などに、耳の後ろや首筋などを汗ふきシートで拭って皮膚にしみ出た加齢臭の元をふき取りましょう。

ただ、こういった方法は、発生した臭いを消すという、どちらかと言えば消極的な加齢臭対策です。

より積極的な加齢臭対策を考えている人は、食生活を改善したり、加齢臭の原因物質の発生を抑えるサプリメントを摂るなどの方法を検討してはいかがでしょうか。

 

加齢臭の強さは、男性ホルモンの分泌状態で決まる

 

加齢臭と男性ホルモンは密接な関係があります。

男性ホルモンの分泌が多い人ほど、加齢臭が強くなりやすいといわれています。

ですが、逆に男性ホルモンが少なすぎるのも問題。加齢臭を悪化させてしまうこともあるのです。

なぜなら、男性ホルモンには皮脂を分解する性質があるのと同時に、ノネナールの生成を抑える働きもあるのです。

ということは、男性ホルモンの分泌が低下してしまうと加齢臭が悪化してしまうことにもなるのですね。

 

では、女性ではどうでしょうか?

女性ホルモンには皮脂分泌を抑える働きがあるので、男性ほど加齢臭に悩まされることはないといえます。

ですが、加齢臭の原因であるノネナールは女性にも生成されますから、ホルモンバランスが乱れたときや閉経などによって、ニオイが強くなってしまうこともあるのです。

 

加齢臭とホルモンには、深い関係があります。

そして、男性ホルモンは年齢によって確実に減少していってしまうもの。

その分泌は20歳前後がピークとなっており、それ以後、個人差はあれども少しずつ減少していきます。

ホルモン変化に加えて、活性酸素の増加、老化による免疫力の低下など・・・さまざまな要因が重なって、ニオイが強く感じられるようになっていくのです。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。