日焼けでニオイが強くなりますか?

「日焼けすると、加齢臭は強くなる」という噂を聞きました。これについて、検証しましたので、詳細をご紹介します。

 

日焼け防止は加齢臭対策の基本

10加齢臭対策の基本に、紫外線に当らないようにするということが挙げられます。

裏を返せば、日焼けすると加齢臭が強くなる恐れがあるので日焼けしないように気を付けましょうということです。

現在、健康に有害で問題となっているのは紫外線Bという種類の紫外線です。

紫外線Bは昔からオゾン層に守られて地上に降り注ぐことはなかったのですが、近年になってオゾン層にあいた穴から地球に降り注ぐようになったのです。

紫外線は昔から地球に降り注いでいたのだから心配ないという考えは危険です。

年々オゾンホールは広がって、地上に届く紫外線Bの量も増えているのです。

紫外線は、細胞のDNAを傷つけるほどの破壊力を持っています

 

さらに、紫外線から守ろうとする自衛本能から、体内で活性酸素の量が増えます。

活性酸素は、もともとこのように外部の敵から身を守るために働くために存在しているのですが、紫外線が活性酸素を刺激して強力化させ、その結果活性酸素の暴走が始まるきっかけを作ってしまいます。

紫外線を浴びてDNAが傷付くと、体の免疫力が低下して脂質代謝などが正常に行われなくなります。

加齢臭の原因物質は脂肪酸の一種、9-ヘキサデセン酸で、体が老化して免疫力が弱まるにつれて発生量が増えるという特徴があります。

 

若いうち日焼けをして紫外線をたくさん浴びると、それだけ体の老化が進み、早くから加齢臭が発生する可能性があります。

 

男性でも紫外線対策が必要な時代

日焼けした肌はたくましく男性的ですが、これだけ紫外線の害が明らかな今、積極的に日焼けするのは避けるべきでしょう。

紫外線の強い季節には、UVカットのシャツやスーツを選ぶ、プールや海辺で日に焼かないなどの工夫を加齢臭対策に加えましょう

 

日焼け止めの使用で加齢臭を予防

 

紫外線をたっぷりと浴びて、こんがりと日焼けする・・・夏になると海辺などでよく見られる光景です。

肌の露出も増えますので、街中で普通に歩いていても日焼けしてしまいますね。

ですが、これは加齢臭を強くしてしまう行為

皮脂が紫外線を浴びることでその酸化スピードを早くし、肌を傷つけ加齢臭を強くしていくのです。

 

紫外線を予防するには日焼け止めが必須

日焼け止めを塗ることで、紫外線が体の奥深くまで届くのを予防。

活性酵素を作り出して加齢臭を生成させないようにします。

日常生活やちょっとした外出などであれば、「SPF10~30、PA+~++」レベルの日焼け止めでいいですが、海や山といった強い紫外線が当たりやすく、しかも長時間になる場合には最低でも「SPF30以上、PA+++」の日焼け止めを使うのかいいです。

あとは、香料の違いもありますので、自分が気に入った香りのものを選ぶようにするといいですね。

 

また、日傘や露出した部分をカバーできるものがあるといいでしょう。

まるで冬場のような格好をする必要はありません。

なぜなら、紫外線に当たるのは絶対に悪いということはなく、ビタミンDを生成するといった働きもありますので、あまり神経質になる必要はありません

ただ、蓄積させないように意識していくのが大切なのです。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。