ニオイはどんな場所から発生するのですか?

01加齢臭が気になる人は、入浴して体を清潔に保つことが大切です。

よく頭や脇などが加齢臭の発生ポイントとして挙げられるため、念入りに洗浄している人も多いと思います。

しかし、入浴直後でもなんとなく加齢臭が臭ってくるなんて事がないでしょうか?

実は人の体は全身からにおいを発しているのですが、特ににおいを発しやすい場所が8箇所あります。

具体的に言うと、頭や脇のほか、耳の後ろ・首・顔のTゾーン・背骨を中心としたライン・胸・へそやその周り・陰部になります。

頭は丁寧に洗っているのに耳の後ろは流すだけだったり、体の前の部分はきれいに洗っているが背中は手が回らないため、ついついおざなりになっていないでしょうか?

耳の後ろも体の一部と考えて身体用のボディーシャンプーでウォッシュタオルを使って洗ったり、背中はボディブラシで洗うなどすれば綺麗に洗うことが出来ます。

 

「でも、自分で洗ってもまだきれいに洗えていない気がするから、一度徹底的にきれいにしたい。」という人にお勧めなのが、エステです。

エステというと女性が美しくなるところというイメージが強いですが、男性専門や男女ともに施術できるエステもあり、カップルや夫婦で行っている人もいます。

エステは美顔や痩身だけでなく、スカルプケアという頭皮の洗浄や、ボディトリートメントといわれるオイルなどで体のマッサージをしつつ毛穴の洗浄をするメニューもあります。

エステ専門店に行くとしつこく勧誘されたりするのが心配ですが、ホテルやスポーツジム・温泉施設に併設されているエステでは1回ごとの料金のところが多く、万が一お客からクレームがあるとホテル等の評判まで下がるため、良心的なところが多いです。

ホテル内のエステは少し値段は高いですが、メンズエステ付の宿泊プランもあるホテルもあり、自分へのご褒美とリフレッシュも兼ねて定期的に利用している男性もいるそうです。

 

気になる場所の加齢臭対策を行うのと同時に、気分転換目的でエステを活用するのもオススメです。

 

加齢臭の発生場所は皮脂腺で左右される

 

加齢臭が発生しやすい場所はいくつかあるわけですが、これは皮脂腺があるからです。

皮脂腺の中にはパルミトオレイン酸という物質があるわけですが、これが分解されることでノネナールという加齢臭の原因物質が発生することとなります。

頭や脇のほか、耳の後ろ・首・顔のTゾーン・背骨を中心としたライン・胸・へそやその周り・陰部といった場所には、こうした皮脂腺が存在するので、加齢臭が強く臭うようになるというのです。

 

先に挙げた場所の中でも、特に加齢臭のニオイが出やすい場所というのが「耳の後ろ」です。

耳の後ろまで丁寧に洗う人というのは意外と少ないですから、どうしても皮脂が溜まりやすく、そこからニオイが強く発生してしまうのです。

 

次に多い場所が「頭部」と言われています。

頭部は皮脂腺が最も多く集まっている場所であり、髪の毛が密集していることからも蒸れやすくなっています。

ですから、加齢臭だけでなく普通の体臭も発生しやすく、整髪剤などを付けることからもいろいろなニオイがごちゃ混ぜになって、強力なニオイへと発展していくのです。

 

皮脂腺が多い場所というのは、人によって違う事もあります。

ですから、加齢臭の発生場所のちょっと異なることも・・・。

自分の場合はどこから発生しているのか、把握してからケアをしていくといいですね。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。