女性からみたら、どういう印象ですか?

08女性も男性と同じで加齢臭になります。

ですが、女性の方が少し発生するのが遅いせいか男性に比べて臭うイメージが余りありません

「オヤジ臭」や「オヤジ臭い」など、どうしても男性側のイメージになってしまいます。

それに、女性が「なんか臭う?」と自身で気づくと何かしら早い段階でケアをしますので、そこが男性との違いなのかもしれません。

 

加齢臭は女性からみると、やはり良い印象ではありません。

「臭いが弱いからまだ大丈夫!」とか思ってる人は危険です。

自分で弱いと思ってるだけで周りからすれば、そうでもないってこともよくありますので気をつけた方がいいでしょう。

少なくとも加齢臭が発生していて、独身男性でさらに婚活中だと女性からは「モテなさそう・・・」と思われてしまいます。

ショックで落ち込んでしまうかもしれませんが、これが現実なのです。

それ以外でも「年だし、皆なるものだから仕方ない!」と思って何もケアしていない中高年の人もいて、自分さえよければいいと思っているようですが、女性からすると年だからと言って年齢のせいにして、何も加齢臭対策しないとか、そのような理屈はありえません

やはり加齢臭の影響で印象が悪くなり人間関係が上手くいかなくなってしまうことも少なからずありますので、最低限度のマナーとしても加齢対策をしましょう!

 

昔は加齢臭を改善することができませんでしたが、今は様々な良い方法が出ています。

私の感想としては、石鹸よりも食生活の改善やサプリメントの活用のほうがオススメであると言えます。

石鹸やボディソープは、その時だけの対策になってしまいますから、根本的に治るわけではないからです。

数時間は良くても、夕方になるとニオイが出てきてしまうこともあります。

野菜を中心とした食生活を行い、ビタミン類やβカロテン、アスタキサンチンなどのサプリメントを摂取することをオススメ致します。

 

女性ホルモンは加齢臭の発生が少ない!?

 

加齢臭が気になり始める中高年。皮脂が酸化することでノネナールという物質を作り、それが青臭さと脂臭さを発生させて、人を不快な気持ちにしていきます。

このノネナールの発生は20代からゆっくりと増え続け、40歳でその勢いを加速させていくものとなります。

この変化に関係しているのが、男性ホルモンです。

 

男性ホルモンは皮脂を多く分泌させる働きがありますので、男性ホルモンの分泌量が多ければ多いほどノネナールの発生もひどくなると考えられています。

ですが、この逆もあり。男性ホルモンを補充すると、皮脂を分解されてノネナールの発生を抑えることもあるというのです。

つまり、男性ホルモンの低下が、加齢臭を悪化させることもあるということなのです。

 

ちなみに女性ホルモンはどうかというと、こちらは皮脂分泌を抑える働きがあるので、加齢臭にはなりにくいなんて言われています。

確かに、女性で加齢臭に悩んでいる話は少なく、圧倒的に男性の方が悩んでいる人が多いものとなっています。

とはいえ、女性も油断禁物です。加齢臭の原因物質であるノネナールは、女性の体内でも生成される物質ですから、ホルモンバランスの乱れや閉経などにより、加齢臭が強くなってしまう事もあるのです。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。