有酸素運動との関連性とは?

03「なんだか臭い・・・」自分でふと臭いを自覚する時ってありますよね。
男性陣にとってはホルモンの関係上出やすいとされています。特に夏場は皮脂分泌も盛んになり、体臭もきつくなりがちです。
しかし以外にも加齢臭は冬場の方が目立ってしまう傾向があるのです。

 

加齢臭の原因は汗ではありません。
脂肪酸が酸化されることによって発生するノネナールという物質が、加齢臭の原因になってきます。
体を清潔にしていれば臭いも収まりそうに見えますが、幾ら体を洗っても体内からのアプローチ無しにノネナールの発生は防ぐことはできません。

 

ノネナールの発生に深く関与するのが活性酸素と呼ばれる、老化因子です。
活性酸素は体を酸化することで、様々な生活習慣病の原因を作り出し、加齢臭の根源であるノネナールの発生を手助けする働きもあるのです。

 

従って加齢臭の予防にはいかに活性酸素を発生させない、健康的な生活を送るかが重要になっていくのです。
緑黄色野菜をふんだんに取り入れたバランスのいい食事は勿論ですが、いわゆるジョギングや水泳といった有酸素運動は加齢臭予防に非常に有効な手段になってくるのです。

 

継続的に弱い力を筋肉に加える有酸素運動は、体脂肪を燃焼させ、体内で活性酸素を減らします。
適度に体を動かしながら有酸素運動を毎日の生活に取り入れていくことで、効果的に活性酸素を減らし、加齢臭の原因を抑えることができます。

 

注意したいことは、逆に激しい運動はかえって活性酸素を増やす要因になるので気をつける必要があります。
ウォーキングやジョギングなどはジムなどに通う必要も無く、簡単に行えるため、毎日続けやすい有酸素運動と言えるでしょう。

 

また有酸素運動を日課にすることで、生活習慣病やメタボ体質の予防にもなる為、加齢臭予防という観点だけでなく健康維持にも繋がっていくのです。
毎日30分を目安に有酸素運動をするのがベストだと言えますが、習慣付ける為にも焦りは禁物です。
まずは自分のペースで体を動かし、徐々に体を慣らしていきましょう。

 

有酸素運動を効率的におこなうには?

 

加齢臭予防には有酸素運動が有効とはいえ、ただ自由気ままに歩いていればいいのでしょうか?

有酸素運動も、ただやればいいというものでもありません。

加齢臭を効率的に予防するためには、どういったところに注意しながらおこなえばいいのでしょうか?

 

そもそも、有酸素運動とはどういった事を言うのかというと、弱い力が継続的に筋肉に負荷としてかかっている状態をいい、エネルギー源として蓄えられている脂肪を燃焼して使う運動をいいます。

エアロビクスやエアロバイク、ウォーキング、のんびり泳ぐ水泳などがこれにあたります。

有酸素運動は脂肪を燃やす働きがあるのです。

 

効果的な有酸素運動をおこなうには、20分以上続ける事が望ましいとされています。

なぜなら、20分以下で使われる脂肪は血液中の脂肪であり、内臓脂肪や皮下脂肪が使われるのは20分を過ぎた頃からだからです

「血液をサラサラにして健康維持」といった目的であれば、20分ほどでもバッチリです。

ですが、「体脂肪を減らしたい」というのであれば、20分以上を目安におこなったほうが効果的といえます。

 

激しい運動でカロリーを消費しても、呼吸が浅くなるため体脂肪は効率的に燃えてくれません。

加齢臭予防の為にも、ゆっくり焦らず、しっかりと呼吸を意識してのんびり運動をすることを心がけたいですね。

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。