お酒と加齢臭との関係

04皆さんもついつい飲みすぎてしまう、そんな経験は少なからずあることでしょう。
お酒と一言で行っても、ビールから日本酒、ワインまで多岐に渡ります。
仕事終わりのビールは格別と言いますが、飲みすぎには注意が必要ですね。

 

今や草食系男子と呼ばれる、異性との交際を望まず、お酒を飲まない、社交性のない若者達が増えているようです。
しかし年を重ねれば重ねる程、仕事の付き合い上晩酌の機会も多くなり、ストレス発散のためにお酒を飲む回数も増えてきてしまうものです。

 

一度お酒を飲むと肝臓で分解されアセトアルデヒドになりますが、呼吸をする度にアセトアルデヒドが放出され、アルコール臭の原因となります。
しかし肝臓での分解時には万病の元もしくは老化因子とも知られている、活性酸素が発生します。

 

この活性酸素こそが、加齢臭の原因となるノネナールの生成を促す物質なのです。
活性酸素は普通の炭酸飲料を飲んだ際にも発生しますが、その量はアルコール分解時に比べると微々たる量です。
つまりアルコール分解量が多ければ多いほど、加齢臭の根源のノネナールの生成も促されるという訳です。

 

加齢臭だけではなく、アセトアルデヒドのお酒臭さも加わり、アルコール摂取は臭いの観点から見ると、かなりタチが悪いものと言わざるを得ないでしょう。
活性酸素を破壊する物質は抗酸化物質と呼ばれ、緑黄色野菜に含まれるビタミンCやお茶の成分カテキンなどが広く知られています。

 

この抗酸化物質を豊富に含むお酒があります。誰もがご存知の赤ワインです。
フランス人は動物性蛋白質を大量に取る割に心臓病が少ないのは、赤ワインの消費が多いからと言われています。
赤ワインに含まれるポリフェノールの抗酸化作用は強力で、古来から薬効を期待できる溶剤として知られてきました。

 

赤ワインに含まれる亜硫酸塩で頭痛を起こす人も多いようです。
しかし飲みすぎに注意しながら、晩酌の席で日本酒やビールの代わりに赤ワインをチョイスしてみてはいかがでしょうか?
加齢臭は日々の生活習慣で良くも悪くもなります。
お酒も嗜む程度に抑えて、健康的な食生活を心がけましょう。

 

赤ワインにたっぷりと含まれているポリフェノールで加齢臭予防

 

加齢臭は「オヤジ臭」といった呼ばれ方もされており、その臭いは嫌われています。

中年と呼ばれる年齢になったら、老化の一つとして加齢臭が発生してくると、思っている人が多いようですが、実は20代という若い年齢でも発生することがわかっています。

お酒もその一因となっていますので、20歳を超えてお酒を飲む機会が多い人ほど気をつけなくてはいけません。

 

とはいえ、すべてのお酒が加齢臭の原因になるわけではなく、赤ワインは加齢臭を発生させるどころか予防させるものとなっています。

その理由は、赤ワインにはポリフェノールやフラボノイド、カテキンがたっぷりと含まれているから。

なかでもポリフェノールの抗酸化作用はビタミンEの2倍の作用を持っており、活性酵素による細胞の酸化を強力に防いでくれるのです。

 

この赤ワインがもつポリフェノールという抗酸化物質は、10種類以上となっており、注目なのは赤色の色素でもあるアントシアニン類です。

ブドウがもつポリフェノールは皮や種にたっぷりと含まれているので、よく熟成した赤ワインほど抗酸化能力が高いといわれています。

ですから、皮を取り除いてしまう白ワインは、ポリフェノールの量が少なくなり、それは赤ワインの10分の1程度とまでいわれているほどとなります。

ワインであれば、なんでもいいというわけでもないのですね。

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。