疲労だけじゃない!ニオイ予防にもクエン酸が役立つ訳

05毎日の仕事、勉強で疲れた体に貯まりきった疲労。
疲労回復にはクエン酸が有効と、どこかで習った覚えがあります。
特に梅干とレモンが有名ですが、クエン酸には加齢臭予防にも効果的だということは、意外と知られていない事実なのです。

 

加齢臭の臭い成分の根源になるのは、皮脂腺で脂肪酸が酸化されてできるノネナールが原因です。
そばの臭いにも似ているノネナールが持つ臭いこそが、あの独特の加齢臭を生んでいる原因なのです。

 

さてそのノネナールの発生に深く関与しているのが、活性酸素です。
食生活を含む様々な要因で生じる活性酸素は、ノネナールの生成をも助長する悪の根源としても知られています。
いかに活性酸素を作り出さない体作りこそが、加齢臭の予防に繋がるのです。

 

レモンだけでなく多くの果物にはクエン酸が含まれており、オレンジやグレープフルーツなどの柑橘系の果物、またメロンやりんご等にも含まれています。
これらの果物に含まれているビタミンCは、活性酸素を破壊する抗酸化物質として知られています。

 

クエン酸は体内の疲労に効果があるだけでなく、殺菌効果そして消臭効果にも期待でき、昔から掃除や洗濯の際に使われてきました。
なかなか毎日クエン酸を大量に取ることは難しいですが、そんな時はジューサーを使って生ジュースを作ってみましょう。

 

柑橘系だけでは酸っぱいと感じる方には、りんごやバナナを入れることで、味がマイルドになるので続けやすくなります。
生ジュースとして飲むことで効率的に大量のクエン酸を摂取できるので、美味しく飲みながら、体の中からサビ予防ができます。

 

ジューサーを持っていない人は、クエン酸配合のサプリメントを利用してみるのもいいですね。
加齢臭対策はいくら体を清潔に保っていても、内側からのケアなしでは根本的な解決にはなりません。
加齢臭対策を機に自身の健康管理もしていきましょう。

 

クエン酸のデメリットを知って活用する

 

加齢臭の予防に有効といわれているクエン酸。

クエン酸入りドリンクというのは、意外と簡単に作れるものですから、常用している人も多いと思います。

たまに飲むくらいならいいのですが、毎日欠かさず飲んでいる人は、デメリットも理解した上で飲むようにしなくてはいけません。

 

まず、クエン酸という名前からもわかるとおり、酸が強いものとなっています。

ですから、あまりにも大量に摂取したり濃いジュースで飲んでしまうと、食道や胃腸に大きな負担をかけてしまうことにもなり、下痢などのトラブルを引き起こす事もありますので注意が必要です。

 

また、酸が強いものは歯を溶かすといわれています。

食品由来の酸にはクエン酸以外にもリン酸やリンゴ酸、フタル酸などがありますが、中でも一番協力なのがクエン酸。

歯を溶かす力が一番強いのです。

酸によって歯のエナメル質は柔らかくなり、この状態で歯を磨くと簡単に磨り減ってしまうのです。

加齢臭を予防する為に摂取していたのに、今度は歯が溶けてしまった!?なんてことにならないように、飲んだ後は軽くうがいして口の中の酸を洗い流すようにしましょう。

 

クエン酸は決して悪いものではありませんので、これらの注意を守って摂取するようにします。

そうすることで、健康的に加齢臭を予防する事ができるのです。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。