何気なく吸っているタバコは大敵?

08人それぞれストレスの解消法は違いますよね?
趣味に没頭する人、買い物に夢中になってしまう人、はたまた暴飲暴食をしてストレス発散をするなんて人も・・・

 

人の体臭とは一種の体からのサインと言われています。
内蔵が弱まることで、SOS信号として体臭が発生することがあり、言わば病気のシグナルとしても体臭は活用されているのです。

 

加齢臭はよく生活習慣病の兆候だと言われています。
それは加齢臭の原因物質ノネナールの発生が私達の生活環境、ストレスに直に影響を受けるからです。
ノネナールは活性酸素の存在下で発生が助長になります。

 

その活性酸素の要因となるものは、食生活から運動不足まで多岐に渡ります。
その中でもタバコを吸うことで発生する活性酸素は、不飽和脂肪酸と結びつき、その結果ノネナールの生成を助長してしまいます。

 

タバコを吸うことでビタミンCが破壊されることは有名な話ですが、それ以外にもニコチンが新陳代謝を悪くすることも知られています。
最もタバコを吸うメリットなど皆無で加齢臭の原因を生むだけでなく、体の酸化を促進してしまいます。

 

しかしタバコを嗜む人にとって禁煙すること自体、大きなストレスになってしまうこともあります。
その結果ストレスから活性酸素が発生し、悪循環を生んでしまうことになりかねません。

 

まずはタバコが与える害と、加齢臭予防になるということを意識しながら、毎日の本数を減らしていきガムや電子パイプなどで代用してみましょう。
また禁煙外来を設置している病院もあるので、一度受診するのもいいですね。

 

禁煙することは大変な努力がいることです。
しかし加齢臭予防ということだけに焦点を当てず、体のサビを防ぎ健康維持にも繋がるという意識をもって禁煙に取り組んで行きましょう。

 

なぜタバコが加齢臭をひどくするのか?

 

加齢臭予防にタバコは天敵といわれますが、その理由は一体どういったところからなのでしょうか?

 

タバコには、ニコチンやタール、一酸化炭素など体にとって有害といえる物質がたくさん含まれています。

特に一酸化炭素が体に与える害はひどく、加齢臭の発生を促している物質にもなっているのです。

体内に入った一酸化炭素は、中性脂肪などの脂肪を酸化させてノネナールを生成し、加齢臭を強いものとするのです。

 

さらにもう一つ、悪化させる要因があります。

それが、ビタミンCの破壊です。

ビタミンCは体が錆びないように酸化を予防する働きがあるのですが、これが破壊されてしまっては体は錆びる一方・・・。

いくら食生活を改善してビタミンCをうまく摂取していたとしても、タバコを吸う事ですべてが台無しになってしまうのです。

つまりは、加齢臭の改善には到底及びつかない・・・ということなのです。

 

そして、タバコに含まれるニコチンやタールは、加齢臭とは別物の口臭といった問題を引き起こすようになります。

厄介なことに歯にこびりつきますから、これがなかなか取り除くのが難しいものとなっています。

 

タバコは加齢臭を悪化させるだけでなく、口臭もひどくし、さらには健康にも害を与えるものとなるのです。 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。