原因は食事にあり?

10戦後を迎え私達日本人が営んできた日本独特の和と伝統を基調とした文化は、価値観だけでなく多くの分野で欧米化が推進されたのです。
特に食生活の変化は顕著で、日本古来の和食から、より簡単に食べられるファーストフード、肉などの動物性蛋白質を好むようになっていきました。

 

働き盛りの男性が悩まされる加齢臭は、この食事の欧米化が生んだ賜物とも言えるでしょう。
加齢臭は性別に関係なく同じ原理で起こる体臭の一つです。
皮脂腺の中にあるパルミトオレイン酸と呼ばれる脂肪酸が酸化されることにより、ノネナールと言う不飽和アルデヒドが生成されます。

 

このノネナールこそが加齢臭の頑固な臭いを作り出しているのです。
ノネナールの生成を助長する活性酸素は、様々な原因で体内で生成されます。
携帯やパソコンの電磁波、電子レンジ使用時に発生するマイクロ波、太陽の紫外線やタバコ、アルコールなどの嗜好品を摂取することでも発生します。

 

特に肉などの動物性蛋白質は、消化しきれない分の脂質が肝臓で分解される際に、大量の活性酸素を発生します。
また添加物満載の加工食品、出来合いの製品も同様です。
加齢臭の原因となるノネナールの生成を防ぐには、いかに活性酸素を作らないサビ予防の食事をするかが鍵となるのです。

 

活性酸素を撃退する作用がある抗酸化作用のある物質は、色の濃い緑黄色野菜です。
またアスタキサンチンやビタミンEを含む魚類、納豆や味噌などの発酵食品は抗酸化作用に優れています。
毎日の食事は私達人間の生きる糧でもあります。

 

体にいいとされるバランスのいい食事を取ることは加齢臭予防だけでなく、健康維持にも繋がっていきます。
親しんだ食事スタイルを変えることは簡単ではありませんが、加齢臭は体内からのSOSのサインと捉えるといいでしょう。

 

加齢臭予防の為の理想的な食事とは?

 

加齢臭を予防するための食事では、野菜中心、動物性の脂を控える事がポイントとなります。

つまりは和食が一番とされるのも、この2つのポイントをしっかりとおさえているからなのです。

 

脂肪分を多く含む食事とはどんなものかというと、揚げ物や脂肪分の多い肉、マヨネーズ、ドレッシング、卵黄など一般的にいわれる脂っこいものです。

これらの食品は避けるようにすると同時に、体を酸化させないような食品を選ぶようにしなければいけません。

ビタミンCやE、カテキン、ポリフェノール、βカロテンなどがたっぷりと含まれている食品を選ぶのが理想的で、野菜の中でも緑黄色野菜を中心とした食事にするのが、加齢臭を予防する上では大切となります。

 

なかでもビタミンEやCは抗酸化力が強いですから、特に加齢臭予防には効果的

ただし、ビタミンCについては、一度に摂取できる量が決まっており、超えた分は体外に尿と一緒に排出されることになります。

また、熱に弱いので加熱する事で壊れてしまいやすくなりますので、できるだけ生で食べるようにします

また、満腹時のほうが吸収されやすいので、食後のデザートとしてフルーツなどで摂取するのも良い方法となっています。

 

ビタミンEについては、油分と一緒に摂取するのが効率的。

ビタミンCと一緒だと、抗酸化力もアップします。

ただし、ビタミンEの摂取のしすぎは骨粗鬆症になるといわれていますから、1日の摂取量を超えないように注意しましょう。

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。