抗酸化作用がある栄養の知識

02加齢臭を抑えるには、抗酸化作用のある栄養を摂ることが大事です。

抗酸化作用のある栄養としては、まずポリフェノールがあります。

ポリフェノールは、活性酸素を除去することで、加齢臭を抑えるだけでなく生活習慣病や老化の予防にも貢献してくれます。

ポリフェノールの栄養としては、カテキン、アントシアニン、イソフラボン、ビタミンC、Eやベータカロチンがあります。

これらは、緑茶、ぶどう、ブルーベリー、大豆、大豆食品に多く含まれていますが、1回の食事で大量に摂らず、こうした栄養を含む様々な食品を毎日こまめに摂取する方が加齢臭を抑えるのにより効果的となります。

 

これ以外に加齢臭の予防に効果がある栄養としては、亜鉛、アスタキサンチン、アップルペクチン、アリシン、アントシアニン、オレイン酸などがあります。

抗酸化作用に効果があるとされる亜鉛を含む食品としては、黒米、ホタテ、納豆、豚もも肉・レバー、和牛もも肉、牡蠣、桑の葉、などがあります。 

アスタキサンチンを含む食品としては、イクラ、鮭、鱒。 
アップルペクチンはリンゴに多く含まれます。 
アリシンは、ネギ、玉ねぎ、ニラ、にんにくなどに多く含まれます。 
アントシアニンを含む食品としては、茄子、桃、黒豆、小豆、ブルーベリー、さつまいも。
オレイン酸を含む食品としては、大豆、アーモンド、落花生、鶏肉、アボガド、ゴマ、うなぎ、などがあります。

 

どれも比較的なじみのある食材なので、毎日のメニューにこうしたものを工夫して加えると、加齢臭の予防に効果的でしょう。

 

和食が加齢臭を予防する

 

加齢臭を抑えるために、なぜ抗酸化作用のある栄養を摂取するのがいいのか?

それは、加齢臭の元となるノネナール対策になるからです。

抗酸化作用がある代表的な食べ物といえば、ビタミンCやE。

その強力な力で活性酵素を抑制してくれるのです。

 

そんな抗酸化作用のある栄養を上手に、より効果的に摂取するのであれば、和食でいただくのがおすすめです。

なぜなら、和食は動物性脂肪が少なく、加齢臭予防に最適な食事だからです。

特に、味噌や豆腐の材料ともなる大豆製品には抗酸化作用がたっぷり

大豆がもつイソフラボンや大豆サポニンは、抗酸化作用が優れている栄養ですが、発酵といった加工過程においてよりパワーアップするのです。

他にも、和食でお馴染みの梅干やわさび&しょうがといった薬味も抗酸化作用あふれる食品となっています。

 

ちなみに、薬味といえば食べた後にニオイが気になる食品でもあります。

それでは本末転倒だとおもいきや、それぞれが胃液の分泌を向上させて血液を浄化

それがニオイをなかったことにしてくれるのです。

和食の力は素晴らしいですね。

 

逆に、コーヒーやチョコレート、バター、豚肉、ベーコン、香辛料などは皮脂の分泌を促進させるので要注意

食事内容は植物性になるように意識していきましょう。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。