加齢臭と男性ホルモンの関係

03加齢臭は、皮脂の酸化によりノネナールが発生することで生じると言われています。

このため、男性ホルモンが多いと皮脂が多く分泌され、加齢臭が発生しすくなる、と思いがちですね。

ところが、あるところの研究によると、男性ホルモンは皮脂を多く発生すると同時に、皮脂を分解する働きもあり、これにより加齢臭を抑えているというのです。

つまり、加齢による加齢臭の発生は、男性ホルモンの低下も関係してくるわけです。

年とともに加齢臭が気になり始めたら、男らしさも低下している、ということになるかもしれません。

 

また男性の体臭とは、いわば男クサいものであり、加齢臭とは別物です。

しかし、運動不足やストレスの蓄積、タバコの吸いすぎなどで皮脂の分泌量が増えすぎると、加齢臭の原因となるノネナールも増加します。

男性ホルモンの低下は、運動不足や睡眠不足も影響してくるので、適度な運動を心がけ、十分な睡眠をとるなど、生活環境を改善させることです。

 

食事でも、卵、魚介類、肉などのたんぱく質を摂取することです。

ただ、肉類は脂質も多く含んでいるので、摂りすぎないようにします。

たんぱく質以外には、アボカド、ウコン、にんにく、山芋や長芋などのネバネバ食品も、男性ホルモンを強化させてくれます。

 

また、活性酸素の量が増えると体内で酸化反応が起こり、これに伴い加齢臭の原因物質であるノネナールが発生しやすくなります。

活性酸素の量を減らすには、タバコの吸いすぎに注意し、ストレスをため込まず、規則正しい生活をすることが大切です。

 

実は男性にもある!?更年期障害

 

年を取るごとに男性ホルモンが減少していき、逆に加齢臭がひどくなってくる・・・これは、更年期障害かもしれません。

更年期障害といえば女性特有の症状のように思えますが、実は男性にもおこりうることで、加齢臭だけでなく性欲減退やEDなどの、男性としての機能が著しく低下していく症状がみられるようになります。

 

男性におこる更年期障害の症状としては、先に述べた加齢臭や性機能への症状だけでなく、心の症状というのもみられるようになります。

はたから見てもわかるくらいに明らかな疾患がなくても、男性ホルモンがひどく減少するということは加齢男性性腺機能低下症候群であり、病気の一つとして認識されているのです。

 

女性の場合では、閉経といった大きな変化から更年期障害の有無を図ることができますが、男性にはそういった劇的な変化がないので、なかなか気が付かずにいる人も・・・。

男性ホルモンが減少していく度合いは個人差があるので、まったく気にならない人もいれば、その変化や症状に苦しむ人もいます

ほてりや発汗、めまい、疲労感などの体調不良、イライラしやすいくなるなどのネガティブな感情が強くなる、EDなどの性機能の著しい低下がみられるようであれば、一度医師に相談していみるのがいいかもしれません。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。