腸内環境を整えることで驚く変化!

04加齢臭は、腸内環境が悪くなることで、腸から発生する悪臭も関わってくると言われています。

腸の中には様々な菌が存在しますが、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌と、ウエルシュ菌や大腸菌などの悪玉菌とがあります。
腸内環境が良いと善玉菌が多くなり、良好な状態ですが、食生活の乱れなどで体調が悪くなると、腸の中の悪玉菌のほうが多い状態になってしまいます。
悪玉菌が多くなると、腸内にたまった食べ物が腐敗することでアンモニアやインドールなどの悪臭物質が増えて悪臭が発生し、血液を介して、体臭として体外に放出されるのです。

ただ、これは加齢臭とは異なるものなのですが、加齢臭と混ざり合って、より悪臭の原因にはなるものです。

加齢臭がひどい場合、腸内環境が悪化している恐れがあるので、腸の中の善玉菌を増やすような努力をしてみることでしょう。

 

加齢臭を抑えるには腸内環境を整えることも大事となり、腸内環境を整えるには、ゴボウ、サツマイモ、キノコ、海藻類などの食物繊維を多く摂り、便秘を解消させることです。

特に、ゴボウは食物繊維が豊富なだけでなく、抗酸化作用もあります。

 

この他に、カボチャは抗酸化作用があるビタミンEを豊富に含み、エビやカニの殻に含まれたキチン・キトサンも、食物繊維と同じく腸をきれいにする効果があります。

オリゴ糖も、腸内の悪玉菌を減らすと同時に、善玉菌を増やす働きがあります。

オリゴ糖には、にんにく、ごぼう、はちみつ、味噌、醤油、大豆などに多く含まれています。

 

このように、食物繊維を多く摂ることは理想ですが、実際なかなか難しいという方が多いのではないでしょうか?

そのような方には、体の中から酸化を抑えるサプリメントなどで摂取すると良いでしょう。

簡単で毎日の健康維持に役立ちます。

 

ストレスや疲労感でも腸内環境は悪くなる

 

腸内環境が悪化すると、そこから発生する悪臭がプラスされて、加齢臭がますますひどいものと感じられるようになる・・・。

正確には加齢臭とはちょっと違うものになりますが、周囲の人にその違いはわかりません。

加齢臭をひどいものにしないためにも、腸内環境が悪化することは避けたいですね。

 

この腸内環境を悪化させる原因としては、食生活や生活習慣の悪さが挙げられます。

ですが、それだけでなくストレスや疲労も腸内環境を悪化させる原因になることがわかっています。

ストレスや疲労は健康にも影響があるものですから、これが腸内環境を悪化するというのも、あながち不思議な話ではありません。

ひどい場合では、若い人でも高齢者レベルの状態になってしまうというのですから・・・。

 

ストレスや疲労を軽減するためにも、適度なストレス発散や十分な休息が必要です。

いくら食生活に気を付けていたとしても、便秘とは無縁な生活習慣だったとしても、日々受けるストレスや疲労感が半端ないほどひどいものであれば、腸内環境は悪くなってしまいます

放っておくと加齢臭をひどくさせるだけでなく、肝臓や腎臓などの各種臓器の機能までも著しく低下させ、肝臓障害やがん、動脈硬化などの疾患を発症させてしまうことになりかねないのですから気を付けたいですね。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。