1日一杯のココアで対策!!

06休憩時間のちょっと一息に、コーヒーを飲む人も多いと思います。

クセになるあの苦味ですが、コーヒーなどの刺激物は加齢臭の原因になると言われています。

一般的に高タンパク、刺激が強いもの程、腸内環境を悪くし、その結果加齢臭を強くします。

 

高タンパク、高脂質として知られているココアが、加齢臭予防になると脚光を浴びています。

ココアにはビタミンやミネラルが豊富です。

更にリグニンと呼ばれるポリフェノール集合体の食物繊維が含まれています。

食物繊維は言わずもがな整腸作用があり、便通をよくします。

 

このリグニンは加齢臭や便臭の臭気低下に対して、かなり優秀な成分として知られています。

主な働きとして腸内の善玉菌を活性化し、臭いの原因となる有害物質の発生を防ぎます。

また発生した臭い成分をリグニンが吸着することで、便とともに排出されます。

 

加齢臭の原因となるノネナールは腸内環境に非常に左右されるため、リグニンの働きで善玉菌が増えることでノネナールの発生も抑制されます。

更に腸粘膜を健康に保ち、有害物質を分解する機能を高める働きもあります。

 

加齢臭を和らげるには、このように腸内環境の状態が大切なんですね。

一日一杯のココアを飲むことで、約10日で効果が現れると言われています。

いろいろなココアがありますが、砂糖などが入っていないピュアココアを選びましょう。

苦味が気になる場合は、腸内の善玉菌を増やす手助けをする、オリゴ糖を加えるといいでしょう。

 

ココアには抗酸化作用から、ストレスを和らげる作用まである万能ドリンクです。

朝飲むことで便通が改善され、寝る前に飲めばリラックス効果も期待できます。

加齢臭を抑制するだけでなく、これだけ多くの効能が隠されているとは驚きですね。

 

加齢臭対策は、ココア以外にもおこなう

 

ココアを飲み続けることで加齢臭を抑えられる事がいわれていますが、これは100%確実な対策ではありません。

確かにココアは加齢臭予防に高い効果があることがわかっていますが、個々の状態によってはそれだけでは不十分なことも…。

 

加齢臭を予防するには、まず食生活や日常生活の見直しが大事となります。

食事では動物性脂肪を含む食品や洋菓子、チョコレートなどの甘いもの、アルコールなどはほどほどにして、食物繊維が豊富な野菜や果物、海藻類、キノコ類、乳製品、発酵食品などの加齢臭予防に良いとされる食品を積極的に摂るようにします。

調理方法としては、和食がおすすめです。

そして、汗をかいたらこまめにふき取り、お風呂もシャワーだけでなく入浴や、できればサウナにも入るようにします。
入浴方法では半身浴もおすすめです。

規則正しい生活を心がけて、タバコも控えるようにするのです。

 

また、加齢臭対策は腸内環境も関係してきますので、適度な運動で便秘なども改善させ、ストレスや疲労なども溜め込まないようにしましょう。

食生活、日常生活を規則正しいものにすることによって、ココアの力も活かされていきます

ココアだけに頼るのではなく、他にも気を付けるべきところは気を付ける様にすることで、大きな成果を手にすることができるのです。

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。