適度な運動が効果てきめん!!

07巷では24時間営業、ワンコインでワークアウトできるフィットネスジムが話題を呼んでいます。

気楽に運動ができる機会が増えたことで、会社帰りのサラリーマン、OLだけでなく、学生から主婦まで世代を問わず、人気となっています。

 

加齢臭に悩んでいる人にとって運動をするということは、かえって汗臭くなってしまうと誤解している人が多いようです。

確かに限られた空間の中では、汗臭さが倍増してしまいますが、適度な運動は身体をサビから守ってくれます。

つまり体内の老化を促進する活性酸素を減らし、酸化しにくい身体を作ってくれるというわけです。

 

この酸化しにくい体を作るということは、加齢臭予防に大変深く関係しています。加齢臭の原因となるノネナールは、活性酸素により生成が促されてしまいます。つまり匂いの源となる原因に、活性酸素が深く関わっているのです。

そこで重要になるのが、いかに体内の中から活性酸素を除去するかです。

 

適度な運動をすることで、慢性的な加齢臭の原因となる活性酸素を減らすことができます。

主に中年以降に多いメタボ体質の方には、肥満対策にもなります。

特にジョギングやサイクリングなどの、体脂肪を燃焼させる効果がある有酸素運動がお勧めです。

最近ではヨガやピラティスなども人気ですね。

 

この脂肪燃焼作用により、加齢臭の原因物質である脂肪酸の生成を妨げることができます。

しかし激しい運動は、逆に活性酵素を増やしてしまうので注意が必要です。

なかなか習慣付けることは難しいですが、最低週3回、1時間は体を動かしてみましょう。

最近のジムは立地条件もよく、利用しやすい環境にあるので、会社帰りに一汗かいてみてはどうでしょうか?

 

加齢臭予防には有酸素運動

 

加齢臭の予防には、ウォーキングや水泳、ヨガなどの有酸素運動がおすすめです。

ちなみに、腹筋や腕立てなどの筋肉を鍛えるトレーニングは無酸素運動となります。

 

ただし、激しい有酸素運動は体内に活性酵素を増やしてしまうので、息が切れるような激しいレベルでおこなうのは避けるようにしましょう。

適度な有酸素運動とは、体に負担をかけすぎないこと、そして一定時間続けられるレベルをいうのです。

体に負荷がかかりすぎると、疲労物質である乳酸が増加し、汗腺のなかのにおいを発生させるアンモニアを分泌させてしまいます。

しかも、一定の時間内において続ける事は、汗臭さや加齢臭の原因となる短鎖脂肪酸やアルデヒドの素である遊離脂肪酸を血液中から減らすことになるのです。

この遊離脂肪酸を燃焼させるには、運動を始めてから20分ほど経ってからとなります

 

普段、運動をまったくしない人がかく汗は、アンモニアが分泌された質の悪い汗であり、臭い汗。

ところが、習慣的に続けていると汗の成分が変化し、水に近い酸性となります。

こうした汗は皮膚に出てきても雑菌が繁殖しにくいものとなっています。

こうしたことからも、加齢臭の予防には継続した有酸素運動が良いといえるのです。

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。