タバコを吸えば吸うほど臭い倍増!

08現代人の生活習慣病の原因の一つとも言われるタバコ。

公共の場で喫煙出来る場所はだいぶ限られてきましたが、それでも日本は喫煙に対して規制がゆるい喫煙途上国と言えるでしょう。

欧米ではタバコの税率も高く、タバコそのものの値段設定も高額に設定され、その有害性の指標も写真付きのきわどい警告文となっています。

 

最近では健康志向の高まりもあり、禁煙に務める人も多くなりましたが、タバコは単に健康を損ねるだけでなく、実は加齢臭の元にもなっているのです。

加齢臭とは中高年になると発するようになる、何とも形容しがたいニオイとして知られています。

脂肪酸が酸化されてできるノネナールが、その加齢臭の根源です。

 

ニコチン中毒とよく言いますが、ニコチンはエクリン腺の働きを活発にし、皮脂分泌を促します。

それだけではなく、タバコに含まれる一酸化炭素は脂肪酸を酸化し、ノネナールの生成を助けます。

そしてタバコの煙に含まれる活性酸素も、体内の酸化を更に促し、加齢臭を強めてしまうのです。

 

加齢臭を和らげるには、まず体質改善と酸化しにくい身体造りが必要です。

活性酸素は体内のビタミンCを破壊し、抗酸化機能を低下させてしまいます。

いくら抗酸化作用の高いバランスのいい食事を心がけていても、全てタバコの活性酸素で無駄になってしまいます。

 

今や加齢臭予防をすることは、最低限のマナーになってきています。

喫煙者にとっていきなり禁煙することは大変難しいことですが、元になる原因を作っているのはあなた自身です。

そんな意識を持って、毎日少しずつタバコの本数を少なくしていきましょう。

最近では禁煙外来を設けている専門クリニックもあります。

一度訪ねてみるのも、いいかもしれません。

 

加齢臭だけじゃない!?タバコ臭、そして口臭も悪化する

 

タバコは健康被害だけでなく、加齢臭といった被害もついてきます。

ですから、なるべくなら吸う本数を減らしていきたいもの。

でも、そう簡単にやめられないのがタバコの怖いところです。

すぐには無理ですが、加齢臭を予防するためにも少しずつ喫煙量を減らしていけるようにしましょう

 

まず、1日に吸う本数を減らすようにします。

吸う本数が少なくなれば、ニオイも抑えられてきます。

1日1本程度にまでできればたいしたものです。

1本くらいであれば、吸った直後ぐらいにしか匂いません。

 

また、連続して吸わないのも大事。

一度に大量に吸う事は、それだけ肝臓に集中的に負担をかけてしまうことになり、それが疲労させてしまって加齢臭を発生させてしまいます。

大体の時間を決めておき、肝臓を休ませてあげるようにしましょう。

 

タバコは加齢臭の原因になるだけでなく、タバコ臭や口臭といった臭いも発生させてしまいます。

前者はタバコが体に染み付いてしまい、それが全身から漂っている状態をいいます。

後者は口の中から匂う嫌な臭いで、非常に不快なニオイとなります。

加齢臭だけでなくこれらの余計なニオイがついてくるようでは、そのうち誰も近寄らなくなってしまいます。

そうならないためにも、タバコは控えめにするようにしましょう。

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。