乳酸菌の力を借りて、腸の中から予防しよう!

09家族や同僚に「なんか臭うよ。」と言われたことはありませんか?

心にドカーンとダメージが大きい一言です。

体臭というものは、意外と自分では気付きにくいものです。

しかし実際歳を重ねるにつれ、加齢臭なる体臭に悩まされる人が多く存在します。

加齢臭の原因はノネナールという物質に深く関係しています。

 

戦後を迎え欧米化が進んだことにより、私達の食生活は動物性蛋白質を多く含む欧米食に変わっていきました。

肉食メインの食生活は消化にも時間が掛かり、加齢臭の根源であるノネナールの生成環境にもってこいです。

コロンやガムなどのその場しのぎの対処法ではなく、身体の内側から環境を変えていくことが大切になってきます。

腸内環境を整えることは、加齢臭の予防に大切な要因です。

 

ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌は、腸内における善玉菌を増やし、悪玉菌が生成するアンモニアや硫化水素、メタンガスなどの有害物質を分解します。

しかし乳酸菌は胃酸や胆汁によって、ほとんどが腸内に届く前に死んでしまいます。

その為オリゴ糖と一緒に乳酸菌をとることをオススメします。

 

オリゴ糖は胃酸にも強く、生きた状態で腸にたどり着き、腸内に存在するビフィズス菌の餌となり、善玉菌を増やすことで腸内環境を整えてくれます。

善玉菌が増えることで、有害物質の生成を防ぎ、結果的に加齢臭を和らげてくれるのです。

 

乳酸菌と共に摂取するオリゴ糖は、シロップとしてヨーグルトに混ぜて食べるのがいいでしょう。

また乳酸菌はヨーグルトだけでなく、我々日本人に馴染みの深いぬか漬けや、味噌、納豆などにも多く含まれています。

これらの食材を中心とした和食は、加齢臭にはもってこいの食事と言えるでしょう。

 

乳酸菌の種類いろいろ

 

加齢臭の予防に最適な乳酸菌。

乳酸菌の摂取が期待できる代表的なものといえばヨーグルトですね。

乳酸菌と一言にいって様々なものがあります。

どういった乳酸菌があるか知ることで、より最適な加齢臭の予防ができるようになります。

 

BB536株 生きたまま腸に届き、消化活動を活性化させて便秘などの腸内トラブルを予防します。

殺菌パワーに優れている酢酸をつくるので、免疫力の向上も期待できます。

 

BE80株 酸に強く、少しのことではへこたれない生命力の強さを持ちます。

腸内の悪玉菌は食べ物を分解してガスを出し、それがおなかを膨らませるのですが、BE80株は腸内バランスを整えてこうしたおなかのふくらみを解消します

 

LB81乳酸菌 ブルガリアの伝統的乳酸菌で、サーモフィラス菌1131株とブルガリア菌2038株の組み合わせからできたもの。

便秘や肌荒れを改善するといわれています。

 

シロタ株 高い整腸効果はもちろん、病原性大腸菌O-157を予防するといった力も。

 

他にもLGG株やSBT2928株、ブルーベヤクルト株、クレモリス株など、さまざまな種類があります。

加齢臭を予防するためにも、こうした乳酸菌を積極的に摂取したいわけですが、最低でも2週間は同じ種類の菌を取り続けるようにしましょう。

加齢臭の予防に効果があるのか見極めるには、それぐらいの期間は必要となります。

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。