アルコール大量摂取で加齢臭倍増!?

10ストレス社会の現代人にとって、仕事終わりのビールは格別です。

ビジネスマンにとって、接待の際には無くてはならないアルコール。

ついつい飲みすぎてしまって、翌日二日酔いなんてパターンは定番です。

しかしアルコールが、体臭と深く関係していることはあまり知られていません。

 

「なんかおっさん臭い。」こんな風に陰口を叩かれている男性も少なくないでしょう。

そんな独特の体臭を加齢臭と呼び、当人だけでなく周りの人にとっても、大きな悩みとなっています。

加齢臭とは脂肪酸と過酸化脂質が結合し発生するノネナールが原因になっています。

ノネナールの生成に深く関与しているのが活性酸素です。

 

お酒を飲むことで、アルコールは吸収されず肝臓に運ばれます。

そこでアルコールは分解されるのですが、その際に活性酸素が発生します。

その結果言うまでもなく、加齢臭の原因となるノネナールが発生するのです。

 

更にアルコールはアセトアルデヒドに分解され、呼吸時だけでなく、身体の表面からも汗として、じわりじわりと悪臭として滲みでるわけです。

アルコールは加齢臭としての原因要素を生むだけでなく、それ以外にも新たな悪臭を放つようになります。

 

アルコールは万病の元とも言われますが、健康を損なうばかりでなく、悪臭も生んでしまいます。

飲み過ぎないことが加齢臭を予防する最善策です。

辞め時に悩みますが、周りに迷惑をかける前にソフトドリンクにチェンジです。

 

もし飲みすぎてしまった場合は、ウコンを飲むようにしましょう。

アセトアルデヒドの分解を促してくれるので、肝臓の負担を和らげてくれます。

そっとバッグにいれて飲み会に参加するといいでしょう。

 

飲むなら、赤ワイン?

 

アルコールの摂取が加齢臭を発生させる…なんて、ちょっと困ったもの。

大人の付き合いなどにおいてお酒は必須ともいえるものであり、特に働く男性からしてみたら、仕事上どうしても飲まなければいけない事もあるでしょう。

そんな時はどうしたらいいでしょうか?

 

頻繁にお酒の席があるようであれば、ビールや日本酒だけでなく、赤ワインを注文するようにしたらいいかもしれません。

赤ワインにはポリフェノールがたっぷりと含まれており、これによる抗酸化作用は他の食品と比べても優れたものとなっています。

ビタミンEと比べても、その2倍ともいわれているのですからすごいですね。

その力で活性酵素による細胞の酸化も抑えてくれるものとなります。

とはいえ、これも適量・適度が前提

飲みすぎると意味がなく、これも加齢臭発生の元となります

 

アルコールを絶つのは、タバコと同じくらいにつらいものです。

なぜなら、アルコールには緊張をほぐす効果があり、これがストレスを軽減することにもなるからです。

一滴も口にするなとはいいませんが、ある程度のラインは保っていた方がいいのは、加齢臭を予防するうえでは大事なこととなります。

飲みすぎに、ほどほどの量をキープするようにしましょう。

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。