アフリカの神秘が生んだルイボスティーを飲んで断ち切ろう

03毎日身体を清潔にしていても、なかなか拭えない体臭があります。

特に中年以降に発生することで、人々はそれを加齢臭と呼びます。

何とも嬉しくない通称ですが。

 

しかし加齢臭で悩んでいる当人にとっては、計り知れないストレスとなっていることは言うまでもありません。

いくら身体をゴシゴシ洗い、匂いの強い香水をつけても、その場しのぎでしかありません。

身体の芯から、加齢臭を無くすには、外側からのアプローチだけでは、本当の意味で解決の糸口は掴めません。

 

規則正しい食生活をすることは、加齢臭を予防する基本となります。

しかし忙しく毎日を生活していると、ついつい食事も偏りがちになってしまいます。

そこでお勧めなのが、アフリカの大自然が生んだお茶ルイボスティーです。

日本に上陸してもう20年以上たちますが、未だに高い人気を誇り、美容、ダイエット通を唸らせています。

 

アフリカの原住民達に飲まれていたルイボスティーですが、多くのミネラルを含み、その抗酸化作用は長寿の秘訣とも言われ、長い間研究されてきました。

その結果SOD酵素と呼ばれる物質が体内の活性酸素を除去する働きがあることが分かりました。

活性酸素とは加齢臭の原因物質となるノネナールの生成を促進します。

すなわちルイボスティーの抗酸化作用が、ノネナールの生成を予防してくれるということです。

 

ルイボスティーのみを扱う専門店もあります。

赤ちゃんも安心して飲めるルイボスティー。

フレーバーつきの茶葉も人気があるようです。

最近はお洒落なタンブラーが沢山登場してきているので、お気に入りのタンブラーをカバンに忍ばせて水分補給。

その日の気分に合わせて、フレーバーを変えるのもいいですね。

楽しみながら加齢臭対策ができる、それがルイボスティーの魅力です。

 

美容と健康に良いルイボスティー

 

加齢臭の予防にと注目されているお茶、ルイボスティー。

ルイボスティーは、学名を「Aspalathus linearis」といい、マメ科の低木に分類されています。

薬用として使うのは葉の部分で、採取した葉を細かく裁断して発酵。

その後に天日乾燥させてお茶として服用します。

 

主成分はフラボノイド、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、マンガン、グァイアコールで、これらによる抗酸化作用は緑茶の50倍ともいわれています。

活性酵素を除去する力に優れており、加齢臭だけでなく生活習慣病の予防にも適しているのです。

また、日本人の死因として上位にあるガン予防にも良いと言われていますから、加齢とともにひどくなる加齢臭を予防すると同時にガン予防もできる、まさに嬉しい特典がたっぷりのお茶。

 

ルイボスティーに強力な抗酸化作用があるのは、生産地である南アフリカの環境によるものといえます。

強い紫外線がさんさんと降り注ぐ過酷な土地ですから、それに適応するためにも強力な抗酸化作用が身についたのです。

そんなルイボスティーには、先に述べた作用だけでなく、便秘の改善やアレルギー体質の改善、細胞の老化防止、肌荒れの予防と改善、シミ対策なども効能として挙げられているのですから、健康と美容の為にも飲みたいお茶といえます。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。