中国伝統の漢方薬で体質改善

04毎日忙しく生きていると、ついつい身なりに気を使えなくなることがあります。

しかし清潔感を保つことは、今や社会のエチケット。

中年以降の男性は特に、加齢臭を漂わせている人も少なくないようです。

知らず知らずのうちに独特な匂いを漂わせる加齢臭は、周りの人達にも不快感を与えます。

 

もう見た目とか匂いを気にする歳じゃないからと、諦めがちになってしまう方も多いようです。

いくらコロンを振りかけても、根本的な解決にはなりません。

加齢臭は体の中から、アプローチしていく必要があります。

 

中国伝統の東洋医学には聞診と呼ばれる、呼吸、発生、匂いを基に身体の異常を調べる診察方法があります。

つまり東洋医学の世界では、匂いは内蔵の状態を診る重要なサインとみなされている訳です。

匂い自体を抑えるためには、身体の中から変えていく必要があります。

 

漢方薬はいくつもの生薬を組み合わせた天然の薬で、医学的にもその効能は認められています。

加齢臭の元となる原因物質ノネナールは、体内で脂肪酸が酸化することで増加します。

つまり、抗酸化作用のある漢方薬を飲むことで、匂いの元を和らげることができるのです。

このような内側からのアプローチを原因療法と呼びます。

 

特に加齢臭に効果的な漢方薬は、熊笹とどくだみです。

パンダの大好物の熊笹は、内蔵の解毒と腐敗予防に絶大な効果が有り、冬眠中の彼らが排便をせずに冬を越すために必須の生薬なのです。

どくだみと同様に強い抗菌作用、抗酸化作用を持っているため、ノネナールの発生を体内で防いでくれる働きがあります。

 

多くの漢方薬局ではそれぞれの悩みに対して、あなただけのオリジナルの漢方薬を処方してくれます。

漢方薬は短期間でガツンと効果がでるものではないため、長期的に服用することで、じんわりと効果が得られることでしょう。

 

加齢臭に悩む女性におすすめの漢方薬

 

加齢臭は男性だけでなく、女性も悩みの種になることもある症状です。

予防するには生活習慣の見直しに、漢方薬を加えて内側から加齢臭が発生しないようにするのが効果的。

漢方薬としては熊笹やドクダミがありますが、これ以外にもおすすめなのが、女神散(ニョシンサン)当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)といった漢方薬です。

 

これらは女性ホルモンを活性化させる作用があると言われている漢方薬です。

女性ホルモンと言えば、食事からも摂取することができます。

大豆イソフラボンやザクロなどには、摂取後に体内で、女性ホルモンと同じような働きをしてくれる成分が含まれているのです。

つまり、これらの漢方薬や食事で女性ホルモンを活性化することが、加齢臭を抑える事に有効となるのです。

 

ちなみに、女性の加齢臭が強くなる原因は男性と同じ。

皮膚から分泌されるノネナールという物質が原因となっています。

多くの女性が、40代から加齢臭に悩まされているようです。

まだ若いから大丈夫と思っていても、今では若い人の間でも問題となっていることもあるのですから油断はできません。

年齢に関係なく誰でも発症する可能性があるのですから、なるべく早めに生活を見直し、もし気になる事が出てきたら、漢方薬などを適切に取り入れて改善させていきたいですね。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。