食べ物との深い関係を探る

加齢臭05毎日シャワーを浴びて、歯磨きもちゃんとしているのに・・・なんか匂いが気になる、そんな方も多いのではないでしょうか。

体臭と一言で言っても、ワキガ、口臭、足の匂いなど挙げればきりがありません。

特に歳を重ねるにつれ、加齢臭なる体臭が出てくることがあるそうです。

 

私達の食生活と体臭には、切っても切れない関係があります。

戦後を迎え西洋文化が流入した結果、牛肉や乳製品などの動物性蛋白質が食卓に登るようになりました。

そしてファーストフードなどの食べ物が登場し、更に日本人の食生活は欧米化していきました。

 

このような食べ物の変化が、私達の生活に影響を与え出したのです。

脂肪分の多い肉食中心の食生活が、脂肪酸が酸化してできるノネナールの生産を促します。

これこそが、加齢臭の原因物質なのです。

 

いかに食べ物を工夫しノネナールの増加を防ぐかが、加齢臭を根本的に無くす鍵となる訳です。

体内の活性酸素が増えることで、化学反応が進みノネナールが増加します。

つまり抗酸化作用のある食べ物を摂取することで、活性酸素の増加を防ぐことができるのです。

 

古来から伝わる日本の和食こそが、加齢臭にテキメンの食事と言えます。

味噌、醤油、納豆、豆腐などの植物性蛋白質を中心とした和食には、抗酸化作用のある大豆サポニンやイソフラボンが豊富に含まれています。

 

加齢臭が気になり出したら、まずはその食生活を見直すことです。

出来合いのものや、肉食中心の食事ばかりしていませんか?

毎朝果物を食べ、牛乳の代わりに豆乳を飲み、魚を食べる頻度を多くする。

今までの食生活を変えることは簡単ではないかもしれませんが、少しずつ和食中心の食事にシフトしてみましょう。

 

加齢臭を発生させる食べ物、抑える食べ物

 

加齢臭の発生をより強力にする食べ物と言えば、肉類

どうして肉類がダメなのかというと、腸の中で消化するのが大変で刺激臭を発生させるからです。

この刺激臭が大きなダメージを与え、さらには加齢臭の元にもなってきているのです。

ちなみに、魚や大豆などは逆に刺激臭を抑える食べ物となっています。

しかも、酸化させない成分も含んでいるのですからいいことづくめ。

ですから、食べ物を選ぶ際には、脂肪分の多いものを食べない事、そして脂肪を酸化せるようなものも食べない、この2つのポイントを守る事で、加齢臭が発生するのを抑える事ができます。

 

脂肪分の中でも、特に動物性脂肪分には注意

動物性の脂肪分が皮脂を大量に発生させて、ギラギラテカテカの顔にしているのです。

代表的な食べ物としては、ラードや牛脂、バター

料理では角煮や焼肉、カルビ、こってり系ラーメンなどです。

そして、積極的に摂りたい酸化を予防するための食べ物としては、魚の油やオリーブオイル、エゴマの油、にんじんやほうれん草、かぼちゃ、トマトなどの野菜、そしてポリフェノールをたっぷりと含むワインや緑茶、ウーロン茶などです。

避けたいもの、食べたいものを把握しておくと、加齢臭も次第に抑えられていくのではないでしょうか。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。