睡眠時間との関係は?

05加齢臭になる原因のひとつとして考えられるのが「睡眠」です。

直接関係のないように思われがちですが、ストレスと同様で活性酸素を作ってしまい若い人に比べ、中高年の人たちが年齢とともに発生しやすくなります。

 

加齢臭の原因となる脂肪酸と過酸化脂質が結びついて出来た物質をノネナールと言い、過酸化脂質は体の中に活性酸素が発生した際に増えていきます。

直接、活性酸素がニオイを発するわけではありません。

ですが、きちんとした睡眠をとり加齢臭の元となる活性酸素を作らないようにする心がけが必要です。

 

睡眠には、眠りが深くて目覚めがスッキリしている良い睡眠と、 眠りが浅く何度もよく目が覚めてしまい起きてからもずっと眠く冴えない状態がつづくような悪い睡眠とがあります。

このように悪い方の睡眠だと寝ていても疲れがとれません

ストレスをため込んでいる方に多く、このような睡眠がつづくとホルモンバランスが崩れてしまい、そして年齢より老けて見られることもあります。

そういったことで活性酸素が発生し、加齢臭の原因にもつながってくるのです。

 

そして、睡眠をたくさんとれば良いのか?というと・・・そうではないのです。

ただ寝ればいいという問題でもないのです。

もちろん寝不足は体に良くないですが、寝過ぎも寿命が縮まると言われています。

たまになら良いとされていますが、毎日だと老化を進めることにつながります。

統計的には1.5時間睡眠が良いと言われていて、3時間睡眠はお勧めしませんが、それに1.5時間プラスすると4.5時間、さらに1.5時ずつプラスしていくと6時間、7時間半となります。

あくまで人間がスッキリ目覚めると言われている睡眠時間だそうです。

 

良質な睡眠が加齢臭を予防する

 

日本人の特徴として、神経質なところが挙げられます。

それが睡眠とも関係しているらしく、寝つきが悪かったり、いくら寝ても疲れが取れない、夜中に目が覚めてしまうといった睡眠トラブルを抱えてしまっている人が多くいるのだそうです。

さらに仕事などのストレスが加わることでますますひどくしてしまっている人もおり、加齢臭の悩みが尽きないものとなっているのです。

 

加齢と共にメラトニンや成長ホルモンの分泌量が減ってきますが、これは加齢臭の原因となるノネナールを生成する過酸化脂質を除去する働きを持っていますので、あまり減少しすぎないようにしたいもの。

それを予防するには、質の良い睡眠が大事

良質な睡眠でメラトニンや成長ホルモンの分泌が促され、結果的に加齢臭予防にも一役買っていくことになるのです。

 

良質な睡眠は加齢臭を予防するだけでなく、健康はもちろん美容にも良い効果が期待できます

少しでも寝付きやすい環境にするために、枕を首のカーブにあったものに変えてみたり、入浴後の体温が下がる段階に布団に入る、水枕をして頭を適度に冷やしてみるなど・・・世に言われている安眠方法といったものを試してみてはいかがでしょうか。

ぐっすりと熟睡できるようになれば、加齢臭の悩みも軽減されていきます。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。