何歳くらいから発生するのか

06加齢臭になるのは、だいたい男性が40歳前後からで、女性は男性より遅く閉経後からだと言われています。

男性と女性の始まる年齢も違いますが、ニオイも違ってきます。

もちろん個人差はありますが、臭いがキツい人や弱い人とさまざまです。

若いうちは、新陳代謝が活発で細胞が新しいものにどんどんと生まれ変わりますが、中高年になってくると代謝が低下し酸化した皮脂の臭いが発生してしまうのです。

 

ですが近年では、食生活の乱れや生活習慣、ストレスなどが原因で若い年齢の人でも加齢臭を発生する可能性が十分にあると言われています。

喫煙や飲酒なども、かなりの割合で発生率を高めます。

現代では、大抵のものは何でも手に入り、好きなものを食べたり飲んだりと出来るご時世ですが、そのような生活を毎日送り続けていると体は破壊してしまいます。

加齢臭の原因を作るだけではなく、糖尿病や三大成人病を引き起こすことにもつながるのです。

このように不規則な生活を送っていると20代でもなり兼ねないのです。

 

加齢臭を予防するには、出来るだけ新陳代謝を低下しないように気をつけなければいけません。

規則正しい生活を心がけることで予防が出来るのです。

適度な運動、食事も和食を選ぶことにより、ちょっとしたことで加齢臭を発生させるのを抑えることが出来るのです。

 

若い年齢で加齢臭を発生させない為には?

 

加齢臭が発生する年齢というのは、個人差があるので一概にはいえませんが、一般的には40代ともなると注意が必要。

体質的に皮脂量の分泌が多い人は、年齢に関係なく早い段階で加齢臭を発生させてしまいやすいようです。

 

皮脂量の違いとは、つまり過酸化脂質や脂肪酸の量が違うという事。

これは体質だけでその分泌量が決まるわけではなく、生活習慣によっても変わってきます。

ですから、年齢的に加齢臭が発生してしまうのは仕方がないにしても、生活習慣といった事で発生させてしまうのは避けたいものです。

生活習慣の中でも、特に大きな原因となるのが食事です。

若い年齢で加齢臭を発生させてしまっている人というのは、食事が肉類ばかりで油をたっぷりと使った料理をよく食べている人によくみられます。

 

加齢臭を発生させる皮脂腺は全身にありますが、特に頭や顔のTゾーン、脇やデリケートゾーン、耳の後ろ、背中に集中しています。

若い人では、首や背中からひどくニオイを発生させることが多くなっています。

なにから気をつけたらいいのかわからない・・・といった人は、まずは食事の改善からおこなうといいでしょう。

バランスの取れた食事を意識することで、加齢臭の発生を抑えるだけでなく、健康的な体を作る事になるのです。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。