日常生活で簡単に出来るニオイ予防

06臭いが発生するのは、頭皮の皮脂の酸化や、高温多湿で汗をかいてそのままにしておくことで細菌が繁殖し、それが臭いの元となります。

髪の毛も、タバコの臭いや、アルコールの臭いが残りやすいものです。

さらに、フケも臭いの元となります。

こまめに洗髪し、またシャンプーの方法や種類にも少しこだわってみます。

脇の下の臭いを予防するには、食生活や生活習慣の見直しも大事ですが、通気性が良い衣服を着用するのも対策のひとつです。

 

食生活での加齢臭の予防のためには、腸内環境を整えることが大切です。

体の酸化を防ぐためには、緑黄色野菜や胚芽米、緑茶など、抗酸化力を持つものを摂るように心がけることが大切です。

これ以外にも、海草やこんにゃくなど食物繊維を多く含む食品を摂取すると同時に、悪玉菌を減らすオリゴ糖、ヨーグルトを摂取して善玉菌を増やすようにします。

 

また、あまり油分の多いものを摂らないことも大切ですが、脂分や肉類は力の源になるためにある程度必要なものでありますが、意識しすぎて食べずにいると、却って栄養のバランスが悪くなり加齢臭の元となってしまいます。

ですので、肉は赤身などを心がけ、野菜と一緒に摂るようにしましょう。

 

また、動物性の脂肪酸でも、ラードやバターなどは、皮脂腺やアポクリン腺の働きを過敏に刺激するため、できるだけ控え植物性の油にするなど、少しばかり工夫してみることです。

ただし、植物性の油でもリノール酸は、血液中のコレステロールや中性脂肪を増やすと同時に、体内で酸化して過酸化脂質に変わり、加齢臭などを発生しやすくなります。

このため、紅花油などは少し控えたほうが良いでしょう。

 

加齢臭が染み付いてしまった衣類の洗濯方法

 

加齢臭に悩む人が一番に気になるのが、衣類にしみこんだニオイです。

特に夏場は暑さから加齢臭もより強烈なものとなっています。

洗濯することできれいにニオイが落ちればいいのですが、強烈に染み込んでしまった後では難しく、ニオイ予防にと洗濯したら他の衣類にニオイが付いてしまった・・・なんてこともあるのですから、せっかくの予防も水の泡です。

 

加齢臭の原因であるノネナールが衣類に付くと、雑菌が繁殖してさらにニオイも強烈なものとなります。

そのままにすると脂が固まり、さらにニオイは落ちにくくなりますので、なるべく早くに洗うことがなによりもの予防になります。

また、加齢臭を落とすためには、それにあった洗剤を選ぶようにします。

脂質分解酵素が入っている洗剤、もしくはカテキンや重曹、ポリフェノール、ミョウバンといった消臭効果のある成分がはいった洗剤を選ぶといいでしょう。

 

それでもなかなか落ちないという場合は、漂白剤をプラスしてみましょう。

ニオイが気になる部分に漂白剤を直接つけて、40度くらいのお湯に洗剤を溶かし、そこに先ほどの部分を浸します。

漂白剤がニオイの元となる雑菌を除去してくれます。

つけておく時間は、最低でも30分間、長くても2時間ぐらいにしておきます。

その後、いつも通りに洗濯。

それでだいぶ変わるはずです。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。