加齢臭を抑える食事とは?

10加齢臭が発生する原因はいろいろとありますが、その中でも食生活が大半を占めているといっても間違いではないでしょう。

そして、不規則な食生活をつづける事で、体内に蓄積された「酸化」と「脂肪」が、加齢臭の原因だと言われています。

また「活性酸素」もあげられています。

体の外側から予防することも大事ですが、特に内側からの食事を心がけることが大事です。

 

ではまず、加齢臭を活発にする食事としてあげられるのが、肉類中心の食事です。

動物性脂肪を多く摂取すると、皮脂腺が活発化して体臭がきつくなってしまいます。

 

では、どのような食事を摂れば、加齢臭を抑えられるのかというと、それは「和食」です。

和食は生活習慣病の予防にも大変効果があり、体の中から老化を遅らせる効果があります。

具体的には、大豆製品や魚介類に梅干し、緑茶など加齢臭を予防する食事として効果的だと言われています。

活性酸素を減らすビタミンCやビタミンEも摂取することをお勧めします。

野菜や果物をしっかり摂りましょう。

 

現代では、自分の食べたいものは大抵、何でも手に入ることができる世の中なので、ついつい好きな物を好んでしまいがちです。

ですが、加齢臭だけでなく少しでも健康を意識した食生活を心がることが大切です。

基本的なポイントとしては、「酸化を抑える」ということです。

酸化を抑えることで、加齢臭が予防できるだけではなく、体の健康維持にもつながりますから、ぜひ取り組んで見てください。

 

和食が加齢臭を消していく

 

加齢臭を誘発する食生活とは、肉類や油料理などを中心とした食事であり、野菜や魚、そして和食がほとんど食卓に出ない食事となっています。

まさに欧米食といえるもので、栄養バランスが偏った食事といえます。

こうした加齢臭をひどくする食事内容は、大きく2つに分類することができます。

一つは超肉食派で野菜はなぐさめ程度に添えてあるだけ

そしてもう一つは手料理が少なく、ほとんど出来合いの食品ですませてしまう・・・どちらもバランスが悪く、加齢臭がプンプン臭っても仕方がないといえます。

 

こうした食生活を続けていると、代謝が低下して体重も増加、肥満体型になってしまいます。

もう、加齢臭だけの問題ではなくなってくるのです。

健康状態も不安定なものとなり、糖尿病などの重い病気を発症させてしまう可能性も高くなります。

そうした美容と健康に対しての警告が、加齢臭となってきつく臭ってきているのかもしれません

 

日本人は、昔から粗食を基本とする食事をしてきました。

和食こそが日本人の体質にはぴったりで、実際に食べ続ける事で身体の調子が良くなっていくのがわかるはずです。

同時に、加齢臭も軽減されていくのですから、ニオイに悩むのであれば和食を食べない手はありません

肉料理もほどほどに、和食をベースにした食生活に戻してみましょう。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。