石鹸で消臭できるのか?

0240歳を境に加齢臭は、男性女性を問わずに発生していきます。

臭いの原因物質「ノネナール」というものがあり、それが活発になります。

ノネナールは、皮脂の酸化への抵抗力が弱くなってしまう為に発生しやすくなります。

そして、加齢臭の出やすい部位として、頭や首の周り・背中・胸元・脇周りなどがあげられます。

 

そこで、加齢臭の臭いの元となる毛穴に詰まった皮脂を洗い流すという方法があります。

加齢臭の予防対策として使用されているのが、デオドラント効果のある石鹸です。

(普段、私たちが使用している一般的な石鹸では、残念ながら効果はありません。)

清浄して、殺菌・消毒し加齢臭を防ぐという方法が、デオドラント効果のある石鹸の特徴ですが、このように加齢臭を防止する為の石鹸は、いろいろな種類のものがあります。

もちろん入っている成分もさまざまですが、価格もリーズナブルなものが多いので、簡単に試すことが出来ます。

 

ただし、一時的な効果はありますが、あくまで外側からの対策なので・・・正直「これで大丈夫!!」だとは言い切れません。

人は毎日、お風呂(シャワー)に1日一回、多くても二回入ります。

その時に、デオドラントタイプの石鹸を使用したとしても、一日中効果が持続することは難しいでしょう。日によって汗をかく量も違いますし、季節によっても当然異なります。

石鹸や消臭スプレーも、加齢臭をブロックするために有効な手段ですが、所詮は「臭いものに蓋をした」というだけのものです。

「ノネナール 〇〇パーセント除去」と言っていても、洗ったその時にニオイが消えるのは当然のことなのです。

 

問題はそれがどのくらいの時間持つかであって、それが成し遂げなければ石鹸で消臭対策を行っている意味がありません。

・・・なので内側から予防する食習慣の改善を、同時に併用することをお勧めします。

 

石鹸の実力は価格で決まるのか!?

 

加齢臭を抑える石鹸としてさまざまな種類が販売されていますが、その値段は高いのもあれば安いものもあり・・・どれを選んでいいのかわかりにくいものとなっています。

値段が違うと全てにおいて異なるように思えますが、価格は違っても汚れを落とす効果には、そこまで差はないようです。

ただ、値段が高いものほど、石鹸の使用感がまったく異なるものとして実感できるようです。

高価なものほど泡立ちや香りなどがよいものとなっています。

 

また、どんなに良い石鹸を選んだとしても、体の洗い方ができていないと意味がありません

加齢臭予防として良いのが、綿や木綿などでできた柔らかい天然素材のタオルです。

洗うときはごしごしと力を入れて洗うのではなく、きめ細かい泡で優しく包み込むように洗います。

なかなか泡立たない時は、泡立てネットを使うといいです。

間違っても、ナイロンタオルなどの硬めのタオルでゴシゴシとこするように洗うのだけはダメです。

皮脂を摂り過ぎてしまい、お肌を痛めることとなるのです。

 

そして、加齢臭は耳の後ろや首筋、ワキ、胸、背中など皮脂腺や汗腺がより多くある部分ほど、そのニオイも強くなります。

特に耳の後ろは見落としがちな部分でもありますので、しっかりと丁寧に洗うようにしましょう。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。