ビタミンCが効果的!

03加齢臭加齢臭を予防する為には、いろいろな対策法がありますが、加齢臭が発生する原因となる活性酸素を抑える働きをするのが、抗酸化作用を持つ「ビタミンC」、「ビタミンE」なのです。

 

ビタミンEは酸化を防ぐための抗酸化作用があり、体の老いを防ぐのにかかせないビタミンだと言えます。ビタミンCと一緒に摂ることで、ビタミンCがビタミンEの抗酸化作用を高め相乗効果となり、加齢臭対策に効果的だといえます。

このページでは、加齢臭とビタミンCの関係性について、ご紹介致します。

(ビタミンEに関しては、こちらのページをご参照下さい。)

 

ビタミンCには強い抗酸化作用があり、加齢臭を撃退するにはかかせないものです。

骨や血管などを強化し、白血球の働きをよりいっそう強め、免疫力を強める作用があります。

ビタミンCを効率よく摂取するためには、以下のような食材を摂取することがポイントになってきます。

 

<ビタミンCを多く含む食品>

赤・黄ピーマン、パセリ、芽キャベツ、ゆず(果皮)、レモン、アセロラジュース

など他にもたくさんありますが、上記の食品にはビタミンCが最も豊富に含まれています。

 

ビタミンCは、抗酸化作用の働きだけではなく、コラーゲンの合成にも必要です。

そして、シミのもとであるメラニン色素の合成を抑える働きがあります。

 

さらにビタミンCが欠乏すると、肌のハリが失われ、また様々な病気にかかりやすくなります。

とくに喫煙者はビタミンCの消費量が吸わない人に比べて高まるので、ビタミンCの補給が必要です。

 

一般的なビタミンCの摂り方ですが、2~3時間くらいで排出されるので、一度に1日分摂るのではなく、三度に分けて摂るのが効果的です。

 

ビタミンCの上手な摂取方法

 

加齢臭の予防には、外側だけでなく内側からのケアも必要。

食事はその一つであり、加齢臭予防にはビタミンCを積極的に摂りたいものとなっています。

食事からビタミンCはストックをしておくことができませんので、一度に大量に摂取しても、余った分は体外に・・・これでは非常にもったいない。

1日3食に分けて摂取するのがいいのですが、その摂取方法にも注意があります。

効率的に摂取したいのであれば、加熱調理は避けてできるだけ生で食べる必要があるのです。

 

ビタミンCは熱に弱いという特徴があり、加熱することで破壊されてしまいます。

しかも、お腹がある程度いっぱいになっている時の方が長く吸収されやすく、それはお腹が空いている時と比べて1.6倍もの差があるといわれている程なのです。

ビタミンCはフルーツに含まれていることが多いですから、食後のデザートとして摂取するのは、実に良い食べ方といえるのです。

ちなみに、体の内側からだけでなく外側からもビタミンCを補給したいと、レモン汁などを塗るのは、そこまで浸透率が良く期待できるものとはなっていません。

 

ビタミンCを体の内側から摂取しようとする試みは、活性酵素を抑えるだけでなく、活性酵素によってダメージを受けた細胞を回復させてくれるものにもなります。

それは加齢臭以外の健康効果も期待する事ができるのです。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。