体臭との関係性は?

加齢臭 05加齢臭は40歳くらいになると、個人差はありますが体臭がただよってきます。

「おやじ臭」とも言われますが、男性だけではなく女性も同じく発生します。

しかし、男性と女性とでは一つ違いがあります。

それは女性の場合、女性ホルモンが多く分泌している間は加齢臭の原因(ノネナール)を発生するのを抑えることができ、閉経後に女性ホルモンが減少して本格的な加齢臭がスタートするということです。

 

では、「加齢臭とはどのような臭いなのか?」ということですが、実際に自身が中高年になって体臭が発生して気づかれた方や、加齢臭の人の臭いを嗅いだ人でしか分からないと思います・・・

 

自身や自分の衣類など、身にまとっているものから蝋燭・古本・青臭いチーズ・油(脂)や魚が腐った臭いなどがすると、一つでも当てはまるものがあれば、残念ながら・・・加齢臭決定です。(人により多少臭いは違います。)

 

加齢臭の原因となるのは、ノネナールという物質です。

ノネナールとは、脂肪酸+過酸化脂質が結びつくことにより発生する物質です。

中高年になると、酸化を抑える力が低下してくるので脂肪酸・過酸化脂質の分泌量が増えてくるのです。その為、ノネナールも同時に増加してしまいます。

 

臭いが出る部位ですが、頭皮・脇の下・背中・胸元・足の裏になります。

 

食生活でも、脂っこい食事が多かったり、飲酒、喫煙なども加齢臭の原因となります。

ストレスも原因の一つになります。

野菜や魚、大豆が中心の食事に変えたり、ビタミンC・Eが含まれる食品を摂取するなど、外側からはデオドラント効果のある石鹸などを同時に使用して、加齢臭対策をしていきましょう。

 

加齢臭対策を始める際に、注意すべきことは、「加齢臭と体臭は別物である」ということを認識することです。

加齢臭の対策は、「酸化を抑えること」が最も重要なのに対して、体臭は「外面からのケアを充実させること」になります。

このような違いを意識することが、対策の第一歩となりますから、まずはしっかりと認識していただければと思います。

 

加齢臭と体臭は、そのニオイ成分が違う

 

加齢臭と体臭は別物である・・・これは、ニオイの原因物質も違うということになります。

加齢臭のニオイ成分はノネナールですが、体臭のニオイはジアセチル

これは、整髪料メーカーがおこなった独自の解析手法からわかった事で、世界初とも言われています。

 

加齢臭が発生するのは50代以降といわれていますが、多くの人がそれ以前に強い不快なニオイを感じています。

それは加齢臭とは違う体臭であることが多く、ほとんどの人が勘違いしているものとなっているのです。

体臭の発生源の多くは頭部とその周辺となっており、特に枕から臭うものとなっています。

そこにはジアセチルが多く含まれており、特に40歳の頃は多く発生していることからも、20歳から40歳に向けて上昇し、ピークを迎えていると考えられています。

 

ジアセチルは、頭皮にあるブドウ球菌が汗に含まれる乳酸を代謝・分解されて発生するものとなります。

そのニオイは、使い振るしたアブラのニオイや、ヨーグルトやチーズなどの発酵食品のよう・・・ともいわれています。

その威力は、口臭や足臭よりも強烈といわれているほどです。

少しでも強烈なニオイを振りまき、特に女性に感知されやすいものとなっていますので、年齢にあわせた対処をしていきたいですね。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。