洗濯物の対処法のコツ

06洗濯してもなかなか落ちない、その臭いとは?「もしかして・・・加齢臭の臭い!?」って思ったことはありませんか?

どんなに洗濯しても、洗濯物そのものに残ってしまう臭い・・・それは残留加齢臭なのかもしれません。

 

実際、この残留加齢臭で悩んでいる主婦の方々が多いようです。

「主人の衣類や枕カバーの臭いが洗濯をしても、落ちない」と。

加齢臭の臭いは洗濯しても落ちないのです。二度洗いや浸け置きしても効果はありません。

CMでもお馴染みの、ナノ洗剤を使用しても効果はあまり期待できません。

香り付きの柔軟剤ですが、臭いを匂いで隠す方法なので、仕上がりは何とも言えない臭いになってしまいます。結局は臭いをごまかすだけになるのでお勧めできません。

このように、いろいろ試されたことだと思います。

結局は、根本的な解決法がないまま・・・今まで通りに洗濯されている方が多いようです。

 

ですが、まだ諦めないで下さい!!

加齢臭に対応した洗濯用洗剤や補助剤が売られているのです。

なんと、「洗濯物に臭いが残らない!!」と主婦たちが絶賛しています!!

洗濯する上での一番の悩みが解決されるのです。

いろいろ種類は出ていますが、今のところ店頭ではあまりお見かけしませんが、ネット・通販で購入できます。

 

残留加齢臭で悩んでいる方は、一度試されてみてはいかがでしょうか?

(ネットで加齢臭・洗濯で検索できます。)

これで本人の加齢臭が治るわけではないですが、専用の洗剤や補助剤を使って洗濯することにより洗濯物に残る残留加齢臭に関しては解決されることでしょう。

 

また、ご主人の加齢臭に悩んでおられる方は、しっかりとご主人に伝えてあげることが大切です。

加齢臭を抑えるためには、食生活や運動習慣などを変え、腰を据えて加齢臭対策を行っていく必要があります。

ですから、奥様とご主人の二人三脚で加齢臭を克服していきましょう!

  

より加齢臭を消す洗濯方法

 

加齢臭を予防するための洗剤選びでは、「リパーゼ」という成分が入ったものが有効です。

なぜなら、加齢臭が洗濯物に残る原因は、皮脂が残ってしまっているから。

リパーゼは、この汚れの元となるリパーゼを脂肪分解してくれるのです。

ほとんどの加齢臭予防の洗濯洗剤には、このリパーゼが入っています。

 

とはいえ、洗剤だけでなく洗濯物に染みこんだニオイや汚れを落とすことはできません。

酵素系漂白剤を一緒に使うことで、さらに高い効果を期待することができます。

使い方は、洗濯機で洗う前に、酵素系漂白剤を溶かしたぬるま湯に30分から2時間ほど、洗濯物を浸け置きしておくだけ。

酵素系漂白剤の後にリパーゼ入りの洗剤で洗えば、加齢臭の原因物質を高い割合で取り除くことができるのです。

 

また、特に気になる部分があれば、そこを集中的に洗う方法といのもあります。

特にニオイがひどい部分に酵素系漂白剤を直接つけ、洗濯洗剤を溶かした40℃から50℃くらいのお湯に浸けるのです。

そのまま30分から2時間ほど浸け、その後はいつもどおりに洗濯します。

すると、きれいに加齢臭の原因が落ちやすくなり、ニオイもより軽減されることとなります。

ちなみに、部分洗いをする際に、ブラシでこすり洗いをする人がいますが、これは衣類を傷めるだけになるので、できればやめたほうがいいでしょう。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。