酸化することで発生する!

07 加齢臭加齢臭の元なる原因は、脂肪酸+過酸化脂質が結びつくことによって「ノネナール」という物質が発生します。

40歳を過ぎると、今や30代でも加齢臭の人が増加しているようですが、年齢とともに活性酸素の働きを抑制する力が低下するため過酸化脂質が増えてしまうのです。

人間の体には肌に潤いが必要なため、頭皮や顔、背中、胸元などに皮脂というアブラが分泌されているのですが、

このように脂が酸化した臭いが加齢臭なのです。

 

若いうちは活発なホルモンの働きで活性酸素を抑えることが出来ますが、徐々に中高年になってくるとホルモン分泌が低下して、

活性酸素が活発になり酸化を促すので加齢臭が増してくるのです。

 

加齢臭事態、男女に関係なくどちらにも発生しますが、なぜか男性に比べると女性の方が敏感に臭いを気にする傾向があります。

デオドラント効果のあるスプレーやサプリメントなどを試すのも女性の方が早かったりします。

「オヤジ臭」とはよく耳にしますが、「オバさん臭」って聞かないですよね?

確かに、自分の臭いはなかなか自身では気付かないことが多いので(他人も本人に言いにくいですから)、自分が着ていた衣類などでチェックしてみてはいかがでしょうか?

お風呂に上がった後なら分かりやすいかもしれません。

 

また、加齢臭は酸化反応により発生するものですから、それをモトからブロックするのが対策の最短距離です。

ビタミンCやビタミンEをたくさん含む野菜を中心とした食生活を徹底して頂くと共に、有酸素運動などを継続して行うことで、加齢臭が徐々に消えていくことでしょう。

 

体の酸化を予防することが、加齢臭予防になる

 

加齢臭を予防するには、なによりも酸化を防ぐようにするのが一番なのですが、それにはどういったところに注意すればいいのでしょうか?

 

まず、体を清潔にすること。これは酸化を予防して加齢臭を発生させないようにするには絶対条件といえます。

全身を丁寧に洗うのはもちろんですが、特に加齢臭のニオイ成分であるノネナールは耳の後ろや襟元から臭いやすいといわれていますから、この部分・・・耳の裏や襟足、首の後ろ、肩、背中などは入念に洗うようにしたいものです。

 

また、食事も加齢臭予防においては絶対的なもの

肉類や油っぽい食事は脂肪を体内に増加させやすいので、野菜も一緒に食べるように心がけましょう。

特に緑黄色野菜には抗酸化作用があり、ビタミンCやE、さらにはカロチンも含まれていますから、体の酸化防止にはピッタリです。

 

そして、運動。運動することは、活性酵素を減らすことになります。

それは、つまり体が酸化するのを予防するということ。

特に有酸素運動を定期的にやることは効果的ですから、日常生活の中でもできることを取り入れながら続けていきたいですね。

 

他にも、ストレスや禁煙、過度のアルコール摂取、睡眠不足なども原因となっていますから、これらにも気をつけるようにしましょう。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。